新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「産後の回復(1)」

妊娠中は、赤ちゃんの成長とともにお腹が大きくなり、体型もずいぶんと変わりますが、赤ちゃんを産んだあとも、もとの体に戻るのには少し時間がかかります。

出産後、お母さんの体が妊娠前の状態に戻るまでの期間を『産褥期』といい、およそ6週間~8週間かけて、体は少しずつ回復していきます。
産褥期は、昔から『産後の肥立ち』といわれ、この時期に無理をしてしまうと、体調を崩しがちになったり、更年期の健康状態にも影響を及ぼすといわれています。
退院後2、3週間は安静を心がけ、赤ちゃんのお世話以外はなるべく横になって過ごせるよう、家族に協力してもらいましょう。

産後の、子宮の回復のことを『子宮復古』といいます。
子宮は、出産直後から急激に もとの大きさに戻ろうと収縮を始めるため、出産後2、3日は『後陣痛』という陣痛のような痛みがありますが、徐々に治まります。
一般的に、初産婦さんより経産婦さんの方が痛みが強く、我慢できないほど痛む場合には、痛み止めが処方されます。

また、産後しばらくは『悪露』という血液の混じった分泌物が排出されます。
出産後数日間は、ほとんどが血液で量も多く、塊の混じった赤い色ですが、徐々に量も減り、茶褐色から黄色、白っぽいおりものへと変化し、3週間から6週間で自然となくなります。
悪露は子宮回復のバロメーターで、回復が遅れると、悪露も長引きます。
もし、悪露がだらだらと続いたり、悪臭があるなどの異常がある場合は、医師の診察を受けましょう。

産後は、赤ちゃんのお世話で睡眠不足になりがちで、慢性的に疲労が蓄積されやすいものです。
無理をせず、自分の体調と相談しながら、少しずつ普段の生活に戻してきましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!