新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「母子手帳について(1)」

母子手帳は、日本で生まれた、妊娠中のお母さんと赤ちゃんの健康を守る手帳です。

妊娠中、出産、新生児期、乳幼児期、それ以降も、お母さんと、成長する赤ちゃんをサポートします。

母子手帳は、異なる場所で受けた医療や健診などの記録が集約された、たった一つの、健康データブックになります。
母子手帳を使うシーンは、妊娠中に通院する病院での妊婦健診や母親学級、出産のとき、赤ちゃんが生まれてからは、自治体の赤ちゃん訪問事業や、乳幼児健診、病院を受診するとき、予防接種のときなどです。

赤ちゃんがかかった病気を記録しておけば、入園や就学時の健診、かかりつけ医を変えた際のカルテ作りにも役立ちますし、予防接種の記録は、重複接種や受けもれを防ぐことができるほか、正確な予防接種の履歴は、大人になってからも必要となるものです。

母子手帳は、市区町村ごとに交付されます。
母子手帳をもらいに行くのは、病院から『妊娠届出書』をもらってからです。
赤ちゃんの心拍が確認されて、出産予定日がわかるころに、『母子手帳をもらってきてください』と、病院から指示があることが多いようです。

妊娠届出書に必要事項を記入して、住んでいる地域の役所など、指定された窓口へ提出すると、母子手帳を交付されます。
自治体によっては、交付される日にちが決まっている場合や、妊産婦健康相談を同時に行っているところもありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。
安全な妊娠・出産のために、妊婦健診などの母子保健サービスを早期から受けることが重要なため、妊娠11週までの交付が推奨されています。


      
次回は、母子手帳の記載内容についてや、一緒に交付される妊婦健診の受診票などについてお話をします。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!