新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠したと思ったら」

月経予定日から1、2週間過ぎても月経がこない場合、妊娠の可能性があります。
まずは、体調の変化をチェックし、妊娠検査薬で調べてみましょう。

妊娠初期の体の変化としては、月経予定日になっても月経がない、胸の張り、イライラ、風邪と似た症状、熱っぽい、体のだるさ、下腹部の痛み、眠気などで、症状には個人差があります。
また、つわりは、早い人で妊娠5、6週頃からあらわれるため、月経予定日を1週間過ぎるころには、胃もたれや、においに敏感になるなどの変化を感じる人もいます。

いつも周期的に月経がある人であれば、月経予定日から1週間以上過ぎたら、市販の妊娠検査薬が使えます。
月経不順や月経周期が分からないという場合は、『性交渉をした日の3週間後』を目安に検査してみましょう。
現在市販されている妊娠検査薬は、かなり精度が高くなっているため、陽性反応が出たならば、ほぼ間違いなく妊娠していると思ってください。
陽性反応が出た場合は、できるだけ早く産婦人科を受診しましょう。

また、気をつけたいのは、妊娠検査薬の妊娠反応が陽性でも、それが正常妊娠かどうかまでは分からないということです。
異所性妊娠などの異常妊娠の場合でも、通常妊娠と同じように陽性となるため、病院できちんと確認する必要があります。
異所性妊娠は、早期の発見が不可欠で、もし、そのままにしておくと、子宮以外の着床した部分で破裂し、大量出血して、母体にも危険が及びます。

病院へ行くタイミングは、月経予定日から、およそ1週間~10日過ぎたころです。
妊娠は、病気ではないため、診察は自費で行われ、料金は病院によって異なります。
ただし、検査で異常が見つかった場合は保険が適用されますので、保険証は、必ず持参するようにしましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!