新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠初期の体の変化」

妊娠初期は、妊娠1ヶ月から妊娠4ヶ月のことですが、多くの人が妊娠の兆候を感じるのは、妊娠2ヶ月に入ってからです。

妊娠1ヶ月は妊娠0週から3週で、妊娠0週0日は最終月経の開始日に当たります。
一般的に、月経周期が28日の場合、妊娠3週で、受精卵が子宮内膜に着床し、妊娠が成立します。
ほとんどの場合、まだ妊娠の自覚症状はありません。

妊娠2ヶ月は、妊娠4週から7週で、月経の遅れから、多くの人が妊娠に気づき始めます。子宮の大きさは、妊娠していないときの2、3倍になり、胎盤も発達します。
体のだるさや眠気、イライラ、乳房の張りなど、妊娠の兆候があらわれ、妊娠5、6週にはつわりの症状が出始めます。
また、妊娠6週ころには、超音波検査によって赤ちゃんの心拍が確認できるようになり、妊娠が確定します。

妊娠3ヶ月は、妊娠8週から11週で、つわりの症状が重くなり、精神的にも不安定な頃です。
つわりを経験する妊婦さんは全体の50%~80%といわれていて、程度や症状には個人差があり、重症化して 治療が必要になることもあります。
また、流産しやすい時期なので、無理をしないことが大切です。

妊娠4ヶ月は、妊娠12週から15週で、つわりの症状が少しずつ軽くなる時期です。
子宮が大きくなるにつれて、お腹もふっくらとしてきます。
腰が重い、足の付け根が痛いなどの、マイナートラブルが出始めるころです。

妊娠4ヶ月の最後の週には、胎盤がほぼ完成し、安定期に入ります。
赤ちゃんの状態が安定してくるので、流産の心配が少なくなります。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!