新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊婦健診」

妊婦健診は、妊娠期間中、妊婦さんとお腹の赤ちゃんの健康状態を確認するためのものです。
定期的に受けることで、病気の早期発見や、安全な出産につながります。

妊婦健診は、妊娠週数の経過とともに、健診の間隔が短くなり、回数も増えるのが基本です。母子手帳を取得後、1回目の妊婦健診は妊娠12週以降からはじまります。
一般的なスケジュールとしては、妊娠12週から23週までが4週間に1回。
妊娠24週から35週までが2週間に1回。
妊娠36週から出産までが1週間に1回で、受診回数は、合計14回くらいになります。
これには、地方自治体の助成があり、母子手帳を取得するときに、最大14回分の公費補助券が交付されます。

妊婦健診には、毎回行う検査と、必要に応じて行う検査とがあります。
毎回行う主な検査には、尿中の尿糖と尿タンパクなどをチェックする『尿検査』、妊娠高血圧症候群の早期発見につながる『血圧測定』、体重が適正範囲で増加しているかチェックする『体重測定』、赤ちゃんの成長や子宮内の環境を調べる『超音波検査』などがあります。

必要に応じて行う検査は、妊娠時期で内容が変わりますが、妊婦さんの病気や、心配な体質を早期発見して治療するための『血液検査』、感染症の有無や、早産の兆候がないかを調べる『膣分泌物検査』、子宮や卵巣、子宮口の状態を観察する『内診』、赤ちゃんの心拍数や、子宮収縮の状態をチェックする『ノンストレステスト』などがあります。

妊婦健診を受けない場合、周産期の胎児・新生児死亡率が上がるというデータがあります。

赤ちゃんの命を守るためにも、妊婦健診は定期的に受けるようにしましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!