新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「戌の日」

『戌の日』は、『帯祝い』ともいわれる、日本の伝統的な風習です。
安定期に入る妊娠5ヶ月の『戌の日』に腹帯を巻いて、出産の無事を祈願します。

戌の日の『戌』とは、十二支の『戌』のことで、戌の日は12日に1度めぐってきます。日にちや曜日は、月ごとに変わり、ひと月に2、3日あります。
犬は、お産が軽く 一度に沢山の子犬を産むため、昔から安産の象徴とされてきました。
それにあやかって、戌の日に安産祈願をするようになったといわれています。
また、戌の日の安産祈願では、『岩田帯』と呼ばれる さらしの布でできた腹帯を巻きますが、この『岩田帯』には、『岩のように頑丈で強い赤ちゃんになるように』との願いが込められています。

戌の日の安産祈願は、妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日が一般的ですが、妊婦さんの体調などを考慮して、無理をしない日程で行いましょう。
安産祈願をしている神社やお寺にお参りしますが、予約が必要な場合もありますので、事前に確認しましょう。
参拝者には、厳密な決まりはなく、最近では、夫婦2人での参拝が多いようです。
腹帯は、自分で持参する場合と、神社やお寺が準備する場合があるので、事前に確認をしてください。

戌の日の安産祈願を行う 妊娠5ヶ月頃は、お腹が大きくなってくるため、腹帯が必要になるタイミングでもあります。
腹帯には、大きくなったお腹を支える、腰や背中の負担を和らげる、お腹を温める、外部からの衝撃を緩和するなどの役割があります。
最近では、いろいろなタイプの腹巻が市販されているので、自分の好みや目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

福田病院では、節目節目の行事を大切にしてほしいとの思いから、通院中の妊婦さんに向けて、戌の日に腹帯を巻く『着帯の儀』を行っています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!