新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「無痛分娩(2)」

今回は、前回に引き続き、無痛分娩についてお話します。

無痛分娩は、麻酔を使うことにより 分娩時の痛みを緩和するお産の方法です。
希望する場合は、そのメリット・デメリットを理解した上で、ご家族と話し合うことが大切です。
メリットとしては、『陣痛の激しい痛みが軽減され、リラックスした状態でお産に臨めること』、『体力の消耗が軽減され 産後の回復が早いこと』 など。
一方デメリットは、『麻酔の副作用で 感覚低下・筋力低下が起こり お産の進みが遅くなるため陣痛促進剤や吸引分娩などの 医療介入の頻度が高くなること』、大変 稀ですが、『重症の麻酔合併症を起こす可能性があること』 などです。

福田病院では、麻酔経験豊富な産科医と、産科麻酔に精通した麻酔科医が、24時間365日、無痛分娩に対応しています。
対象者は、赤ちゃんが産道を通って産まれる『経膣分娩』が可能で、ご本人の希望があり、ご家族の同意が得られる方です。
原則として、妊娠37週0日以降で、赤ちゃんの推定体重が2500g以上の方が対象です。
また、産科的な合併症や、麻酔科的禁忌のため無痛分娩ができない場合もあります。

当院で無痛分娩を希望される場合、妊娠28週~34週の間に、無痛分娩学級を受けていただき、35週~36週で、ご本人とご家族の 同意書の提出、担当産科医による診察、36週以降に、採血や心電図の検査、麻酔科医の診察、37週以降、お産で入院される際に、再度 無痛分娩の希望と同意書の確認をして、お産の進行状況をみながら、無痛分娩の実施となります。

無痛分娩について、気になることなどがある方は、ぜひ、ご相談ください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!