新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「帝王切開」

帝王切開は、お母さんと赤ちゃんの安全を 第一に考えて行う手術です。
日本では、およそ4人に1人が帝王切開で出産しているといわれていて、近年、増加傾向にあります。
         
赤ちゃんが 子宮から膣を通って産まれるお産を『経膣分娩』といいますが、帝王切開は、何らかの理由で、『経膣分娩』が難しいと医師が判断した場合に、腹部を切開して 子宮から直接赤ちゃんを取り出す手術のことです。
帝王切開には、あらかじめ手術日を決めて行う『予定帝王切開』と、経膣分娩の途中で 突発的なトラブルが起こり、帝王切開に切り替える『緊急帝王切開』とがあります。

『予定帝王切開』の場合は、通常、妊娠37週までの健診で判断され、38週頃に手術が予定されます。手術の前日に入院し、検査や 医師の説明を受けてからの手術になります。
『緊急帝王切開』の場合は、一刻を争うことが多いため、必要最低限の検査を行い、すぐに手術となります。

帝王切開になる主な理由としては、『予定帝王切開』の場合、双子以上の『多胎妊娠』、お腹の中で赤ちゃんが頭を上にした姿勢になっている『逆子』、胎盤が 子宮口をふさぐ位置に形成されている『前置胎盤』などで、『緊急帝王切開』の場合、赤ちゃんの呼吸や循環機能にトラブルが起こり、低酸素状態となってしまう『胎児機能不全』、赤ちゃんが産まれるより前に 胎盤が剥がれてしまう『常位胎盤早期剥離』、何らかの理由で、お産が長引き、赤ちゃんがおりてこない状態の『遷延分娩』などです。

妊婦さんならば、帝王切開になる可能性は、誰にでもあります。
いざという時のためにも、事前に どのようなものか知っておきましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!