新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「産後の回復」

お産は、フルマラソンを走った時と同じくらいの体力を消耗するといわれています。
それほど、出産は体力を消耗するということです。

産後、お母さんの体が、およそ6週間~8週間かけて回復していく時期を『産褥期』といいます。日本では昔から、産褥期の状態を『産後の肥立ち』と言い、産後、日増しに回復するお母さんの様子を気にかけてきました。
産後の肥立ちが悪く、体力が回復せずに、細菌に感染するなどして 命を落とすこともあったため、昔から、この時期のお母さんは、無理をせずに体を休め、栄養のある食事をとることが大切だとされてきました。
実際、この時期に無理をしてしまうと、体調を崩しがちになり、更年期の健康状態にも影響を及ぼすといわれていますので、くれぐれも無理をしないように、赤ちゃんのお世話以外は、なるべく横になって過ごすようにしましょう。

産後、子宮が収縮しながら妊娠前の状態に戻ることを『子宮復古』といいます。
分娩時、子宮底の高さが30cm以上まで大きくなっていた子宮は、収縮しながら、およそ6週間で、ほぼ妊娠前の大きさに戻ります。
産後2、3日は、『後陣痛』という、子宮が収縮するときの痛みを感じます。
一般的に、初産婦さんよりも経産婦さんの方が、より強く痛みを感じるようです。

また、子宮が回復する間は、『悪露』という、血液の混じった分泌物が排出されます。
最初は ほとんどが血液で大量に出ますが、少しずつ量が減り、色も茶褐色から徐々に薄く、黄色から白になって、産後6週間から8週間で妊娠前のおりものに戻ります。

悪露は、子宮回復のバロメーターなので、回復が遅れると、悪露も長引きます。
もし、大量の悪露が続いたり、嫌なにおいがする、腹痛があるなどの時には、すぐに産婦人科を受診しましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!