晩ごはん何にしなはっと?

水曜日といえばこのコーナー 晩ごはん何しなはっと?

料理の先生が簡単絶品料理を実演!
担当 : 英太郎・本田千穂

今晩のおかずを教えてくださるのは、和食・郷土料理 和久田の和久田さんです。今日は2品作ります!「あごだし冷しゃぶ」と「夏野菜の冷やしだし浸し」です。これからの暑い季節にぴったりのお料理ですね!和食の基本だしを使った料理は難しそうですが、今日はとっても簡単に作れるんです!今回は、久原の「あごだしつゆ」と「あごだし入り白だし」を使います!一からだしをとらなくても大丈夫なんですよね!では早速作っていきましょう。

あごだし冷しゃぶ(2人分)

材 料
  • しゃぶしゃぶ用豚肉 100g
  • グリーンリーフ 1枚
  • キュウリ 1/4本
  • パプリカ(赤・黄) 各1/4コ
  • あごだしつゆ 大1
  • 冷たい水 大3
作り方
  1. 野菜は食べやすい大きさに切って、皿に盛る。
  2. しゃぶしゃぶ用豚肉を熱湯にさっとくぐらせ、氷水にとる。
  3. あごだしつゆ 大1と冷たい水 大3を混ぜ合わせる。
    (あごだしつゆと水の割合 1:3)
  4. 冷えた豚肉を野菜の上に盛り付けて、たれをかける。
  5. お好みで薬味を。
こら覚えとかなん!
  1. 豚肉はかたくなる前に、色が変わったら氷水にとりあげる。
  2. 素揚げする際は、野菜の表面についた水分を拭き取ってから油に入れる。

夏野菜の冷やしだし浸し(2人分)

材 料
  • オクラ 2本
  • ナス 小1/2本
  • カボチャ 30g
  • あごだし入り白だし 大1
  • 冷たい水 大5
作り方
  1. オクラは茹でて、食べやすい大きさに切る。
  2. あごだし入り白だし 大1と冷たい水 大5を合わせる。
    (あごだし入り白だしと水の割合は 1:5)
  3. ナスは乱切り、カボチャは5mm幅の大きさに切って、熱した油で素揚げする。
  4. 素揚げした野菜が熱いうちにだしに浸し、オクラを加え30分ほど冷蔵庫で冷やす。
こら覚えとかなん!
  1. 豚肉はかたくなる前に、色が変わったら氷水にとりあげる。
  2. 素揚げする際は、野菜の表面についた水分を拭き取ってから油に入れる。
この記事のPDFを印刷する

今晩のおかずを教えて下さるのは、ミクスチャーの梶原 亨介さんです。今回はどんぶりメニューです!「鶏味噌そぼろ丼」です。そぼろ丼というと醤油ベースのイメージですけどあえて味噌ですか!楽しみですね~。

鶏味噌そぼろ丼(4人分)

材 料
  • 鶏ひき肉 400g
  • 刻みのり 適量
  • 全卵 1コ
  • 白味噌 大3
  • 砂糖 大3・1/2
  • おろしショウガ・酒・みりん 各大1・1/2
  • しょうゆ 大1/2
  • 塩・すりゴマ・サラダ油・ご飯 各適量
材 料(インゲンソース)
  • インゲン 適量
  • しょうゆ 大3
  • みりん・ゴマ油・砂糖 各大1/2
作り方
  1. 調味料を混ぜ合わせる。(白味噌・砂糖・おろしショウガ・酒・みりん・しょうゆ)
  2. フライパンに油を入れ煙が出るまで熱する。
  3. 鶏ひき肉を軽く炒め、混ぜ合わせた調味料を入れる。
  4. 鶏ひき肉を水分がなくなるまで炒める。
  5. インゲンにソースを和える。(しょうゆ・みりん・ゴマ油・砂糖=6:1:1:1の割合)
  6. 鶏ひき肉の水分がなくなったら、火を弱めて全卵を入れる。
  7. ご飯の上にそぼろ・インゲン・刻みのりをのせる。
こら覚えとかなん!
  1. フライパンに油を入れ煙が出るまで熱し、火を止めてから鶏ひき肉を炒めると焦げつかない。
  2. 弱火にして全卵をそぼろに絡ませ、味をコーティング。
この記事のPDFを印刷する

お久しぶりの「晩ごはん何しなはっと?」です!今日の先生はオープニングからご出演いただいています、日本食研の歌う宣伝広告 伊藤課長です。今回教えて下さるオススメの晩ごはんは、英太郎さんも大好きな唐揚げなんですが、普通の唐揚げじゃないんです!「大人用・子ども用 アレンジから揚げ」です。伊藤課長に教わる唐揚げということは、もちろん、使うのは「もむだ~け、もむだ~け、30秒~♪」でおなじみの“から揚げ作り”! “から揚げ作り”と言えば、長いと一晩はかかってしまうから揚げの下味が、たったの30秒でついちゃう特製醤油だれ付きから揚げ粉!もみこむだけでまるで魔法のようにしっかり味が染み込むから、ご家庭で簡単に本格ジューシーなから揚げが楽しめるんです!


大人用・子ども用 アレンジから揚げ

材 料
  • 鶏肉 200g~250g 2枚
  • から揚げ作り 1袋(特製だれとから揚げ粉 各2袋入り)
  • (お好みで)柚子コショウ 小2
  • (お好みで)カレー粉 大2
作り方
  1. ビニール袋に鶏肉と特製だれを入れる。
  2. 柚子コショウまたはカレー粉を加えて30秒もみ込む
  3. 袋にから揚げ粉を加える。
  4. 鶏肉を160~170度の油で3~4分揚げる
こら覚えとかなん!
  1. 特製だれと一緒にお好みの調味料を入れる。
  2. 袋を空気で少しふくらませて粉をまぶす
この記事のPDFを印刷する

今晩のおかずを教えてくださるのは、ブカ・ラピの山本さんです。山本さんはマナブくんと一緒にお料理するのは今回が初めてということで、色々と失礼なことを言うかもしれませんがよろしくお願いいたします!さぁ、それでは今日教えて下さる料理は、お弁当にもぴったりの「洋食店のチキンナゲット」です。いかに美味しく、そしていかに主婦の方が作りやすくなるかをかなり考えました!

洋食店のチキンナゲット(15個分)

材 料
  • 鶏ひき肉 300g
  • 鶏ガラスープの素 小1
  • 溶き卵 1個
  • 小1/2
  • おろしニンニク 小1/2
  • コショウ 少々
  • 白ワイン 大2
  • パン粉 30g
  • マヨネーズ 大1
  • サラダ油 適量
材 料(マスタードソース)
  • フレンチマスタード 大2
  • マヨネーズ 大1
  • ケチャップ 大1
  • ハチミツ 少々
材 料(バーベキューソース)
  • ケチャップ 大2
  • とんかつソース 大1
  • ハチミツ 少々
作り方
  1. 袋に材料を入れる。(パン粉以外)
  2. 袋にパン粉を加える。
  3. タネを皿に移す。
  4. フライパンに多めのサラダ油を入れて熱する。(170度)
  5. スプーンに油をつけて形を作り、タネをフライパンに入れる。焼き時間は表2分・裏2分程度。
  6. 焼き色がついたら皿に盛りつける。
こら覚えとかなん!
  1. 材料を袋に入れることで手が汚れず、しっかり混ざる。
  2. パン粉がつなぎになり、食感もふんわりに。
この記事のPDFを印刷する

今晩のおかずを教えて下さるのは、和食・郷土料理 和久田の和久田さんです。よろしくお願いします。今日教えていただくのは「タケノコとベーコンのチーズ春巻き」です。今日は祝日ということで、子どもも大好きな具材ですね!お父さんのお酒のおつまみにも最高ですよ!

タケノコとベーコンのチーズ春巻き(2人分)

材 料
  • 春巻きの皮 4枚
  • タケノコの水煮 1本
  • ベーコン 5枚
  • ピザ用チーズ 適量
  • 小麦粉 少々
  • しょうゆ 少々
  • 赤酒 少々
  • サラダ油 適量
作り方
  1. タケノコの水煮とベーコンを包みやすい大きさに切る。
  2. フライパンでタケノコとベーコンを炒める。
  3. 春巻きの皮にタケノコ・ベーコン・ピザ用チーズをのせて包む。
  4. 春巻きを油で揚げる。
こら覚えとかなん!
  1. タケノコとベーコンにしょうゆと赤酒でしっかり下味をつける。
  2. 春巻きを揚げる油の温度は180℃
この記事のPDFを印刷する

今日はマナブくんも登場です!今日の料理を教えて下さるのは、森田式九龍(クーロン)の森田さんです。今日は、みなさん大好きな「中華料理店のギョーザ」です!今回のギョーザはショウガが効いていて、ニンニクも使いませんので匂いが気にならないギョーザです!

中華料理店のギョーザ(30個分)

材 料
  • 豚ひき肉 100g
  • 白菜 300g
  • ショウガ 50g
  • タマネギ 50g
  • ニラ 20g
  • 薄口しょうゆ 大1・1/2
  • オイスターソース 小1
  • コショウ 少々
  • ギョーザの皮 1袋
  • 片栗粉 適量
  • サラダ油 適量
  • ゴマ油 大1+適量
作り方
  1. 白菜に塩をふり1時間置き、タオルで包んでしぼる。
  2. みじん切りしたタマネギに片栗粉をまぶす。
  3. 豚ひき肉に薄口しょうゆ・オイスターソース・コショウを入れてこねる。
  4. 豚肉に粘りが出たらショウガ・ニラ・タマネギ・白菜を加えてまぜ、ゴマ油を入れる。
  5. ギョーザの皮で包む。
  6. フライパン(強火)に油を入れ、ギョーザ・水(1/3浸るくらい)を入れフタをする。
  7. 水分がなくなったらゴマ油を全体にかけてフタをし、中火にして3分ほど焼く。
こら覚えとかなん!
  1. みじん切りしたタマネギに片栗粉をまぶし、旨みを閉じ込める。
  2. ゴマ油を入れることで焼き色がきれいについてカリッとなる。
この記事のPDFを印刷する

今晩のおかずにオススメの1品をスタジオで作りますよ!今日の料理を教えて下さるのは、味の素株式会社 九州支社 鈴木さんです。鈴木さんには今日も味の素の商品を使って簡単に作れる料理を教わります。前回も紹介させていただきましたが、こちらの「丸鶏がらスープ」です!「本格中華をつくる人のものでしょ?」「私には難しそう…」なんて声も聞こえてきますが、実はそんなことないんです。丸鶏、つまり鶏を丸ごと使っているから、あっさりなのにコク深い。もともとのスープがしっかりおいしいから、パパッと作れる簡単メニューがいっぱいなんですよ!
そして今日は熊本県青果物消費拡大協議会様よりナスとトマトをご提供いただいております!それでは、今日は、ナスとトマト、そして「丸鶏がらスープ」を使って、「鶏肉とカラフル野菜の中華煮風」をご紹介します!

鶏肉とカラフル野菜の中華煮風(2人分)

材 料
  • 鶏モモ肉 200g
  • ナス 1本
  • トマト 1コ
  • ピーマン 2コ
  • タマネギ 1/2コ
  • シメジ 1パック
  • サラダ油 大1・1/3
材 料(合わせ調味料)
  • トマトケチャップ 大2・1/2
  • しょうゆ・酢・砂糖・水 各大2
  • 片栗粉 小2
  • 丸鶏がらスープ 小2
作り方
  1. 鶏モモ肉はそぎ切りにする。
  2. フライパンにサラダ油(大1/3)を入れ、鶏肉を皮目から焼く。
  3. ナスは耐熱皿に入れ、電子レンジ600wで2分加熱。
  4. 鶏肉に焼き色がついたら裏返してフタをする。
  5. 鶏肉を取り出す。
  6. フライパンの油を拭き取る。
  7. ナス・ピーマン・タマネギ・シメジを炒める。
  8. 野菜に火が通ったらトマトを加える。
  9. 鶏肉を戻し入れ、合わせ調味料を入れる。
こら覚えとかなん!
  1. 火の通りにくいナスの炒め時間を短くする。
  2. 焦げないようにとろみがついたらすぐ火を止める。
この記事のPDFを印刷する

今晩のおかずにオススメの1品をご紹介します!先生は久しぶりの登場!トラットリアココ 牧 英彦さんです。今日教えて頂くのは「ロールキャベツ」です。寒い冬にピッタリですね!これは大人も子どもも大好きですよね!


くずれない!ロールキャベツ(2人分)

材 料
  • 合挽き肉 150g
  • キャベツ 5枚
  • タマネギみじん切り 60g
  • 1コ
  • ピザ用チーズ 50g
  • パン粉 50g
  • 塩・コショウ 小2
  • ナツメグ 少々
  • しょうゆ 少々
  • 赤ワイン 大1
  • 牛乳 大1
  • スパゲティ 2~3本
材 料(スープ)
  • トマトジュース 125g
  • 125g
  • チキンコンソメ 5g
  • タマネギスライス 1/2コ分
  • ベーコン 4枚
材 料(トッピング)
  • 生クリーム 少々
  • パセリみじん切り 少々
  • バゲット 4枚
作り方
  1. 鍋にお湯を沸かしてキャベツをやわらかく茹で、バットに取って冷ます。
  2. ボウルに合挽き肉・タマネギみじん切り・卵・ピザ用チーズ・パン粉・塩・コショウ・ナツメグ・しょうゆ・赤ワイン・牛乳を入れてしっかり混ぜる。
  3. できたタネをやわらかく茹でたキャベツで包む
  4. 鍋にロールキャベツを並べて、トマトジュース・水・コンソメを入れて火をつける。
  5. ロールキャベツの上にタマネギスライスとベーコンを敷き詰める。
  6. 火をつけて蓋をし、沸騰してから10分煮込む。
  7. お皿に盛り付けて、生クリーム・パセリ・バゲットを添える。
こら覚えとかなん!
  1. キャベツの芯の部分は薄くするか、包丁で叩いてやわらかくする。
  2. キャベツの片方を折り曲げて、最後まで巻き、もう片方は最後に押し込むと、くずれない(またはスパゲティを楊枝代わりに刺す)
  3. タマネギの甘みとベーコンの塩気でスープがおいしくなる。
この記事のPDFを印刷する

今年最初の料理コーナー、先生は、森田式九龍(クーロン)の森田さんです。今回教えて下さるのは「激ウマ!塩焼きそば」です。家で作るのはソース焼きそばが多いと思うんですが、塩焼きそばも違った美味しさがあるんですよ!ぜひ簡単なので作ってみてほしいと思います。

激ウマ!塩焼きそば(1人分)

材 料
  • 豚バラ肉 50g
  • ニラ 20g
  • 赤パプリカ 10g
  • ショウガ 10g
  • もやし 100g
  • 焼きそば麺 1袋
  • あらびきコショウ 少々
  • ゴマ油 適量
  • 薄口しょうゆ 小1/2
  • お酢 小1
  • 煎りゴマ 適量
材 料(合わせ調味料)
  • 大1
  • 小1
  • 砂糖 小1/2
  • オイスターソース 小1
作り方
  1. ショウガを極薄切りの細切りにする。
  2. フライパンに油を入れ、麺に焼き色をつける。
  3. 焼き色がついたら、焼きそば麺を一旦取り出す。
  4. フライパンで豚肉を炒め、ニラ・赤パプリカを加えさらに炒める。
  5. 極薄・極細切りにしたショウガを加える。
  6. 焼き色をつけた焼きそば麺を戻し入れる。
  7. 合わせ調味料と、もやしを入れる。
  8. あらびぎコショウ、ゴマ油、薄口しょうゆ、お酢を入れ仕上げる。最後に煎りゴマを散らす。
こら覚えとかなん!
  1. ショウガは極薄・極細切りにして香りを加える。
  2. お酢を入れることで味をまろやかにする。
この記事のPDFを印刷する

今晩のおかずにオススメの1品をご紹介!教えてくださるのは、毎回大好評の日本食研 歌う宣伝広告課長の伊藤さんです。
日本食研から好評発売中の “味わいドレッシング焙煎ごま” を使います。何と!こちらの商品、今日が九州でテレビ初登場なんです!ということで、今日の料理は、クリスマスにもピッタリ!「チキンとたっぷり野菜のごろごろサラダ」を作ります。“味わいドレッシング焙煎ごま” は、香りの良い焙煎ごまを使用した「香り・旨み・コク」と三拍子そろった味わい深いドレッシングなので、チキンとお野菜の美味しさを一層引き立てますよ!

チキンとたっぷり野菜のごろごろサラダ(2人分)

材 料
  • 鶏もも肉 1枚
  • トマト 1/2コ
  • アボカド 1/2コ
  • ゆで卵 1コ
  • キュウリ 1/2本
  • グリーンリーフ 1/4株
  • ベビーリーフ 1/2パック
  • オリーブ 5粒
  • 味わいドレッシング焙煎ごま 適量
  • 塩こしょう 適量
作り方
  1. 鶏もも肉は塩こしょうをして焼く(最初は強火→中火でふたをして蒸し焼き)
  2. トマト・ゆで卵・アボカドは食べやすい大きさ、キュウリは乱切りにし、グリーンリーフは食べやすい大きさにちぎり、オリーブはスライスしておく
  3. 焼いた鶏もも肉を食べやすい大きさに切る
  4. 器に野菜と鶏もも肉を盛り付け、味わいドレッシング焙煎ごまをかける
こら覚えとかなん!
  1. 鶏肉は強火で皮目から焼き、皮をパリッとさせる
  2. 味わいドレッシング焙煎ごまをたっぷりかける
この記事のPDFを印刷する
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!