木曜日といえばこのコーナー 中継

旬のお店、スポットを生中継!
担当 : 太田弘樹・緒方由美

2020年09月の一覧

今日の中継は阿蘇郡高森町にあります、奥あそフルーツガーデンにやってきてます!フルーツガーデンということで、秋の味覚フルーツ狩りなんですが、今回はフルーツ狩りでも珍しいものを紹介します!ということで詳しいお話を伺いますのはオーナーの林 高造さんです、よろしくお願いします!この農園はフルーツ狩りとカフェが一緒になった農園なんですよね。

『12年ほど前に果物の苗を植え始めて、7年ほど前からピザやパン作り体験ができるカフェを始めました。』

農園では、1年間でだいたい何種類くらいのフルーツを作っているんですか?

『さくらんぼや桃など年間で20種類以上の果物を作っています。今からは10月半ばくらいまではキウイ収穫時期です。』

ということで今回はキウイ狩りをさせてもらうんですが、ここで収穫できるキウイはちょっと変わった品種なんですよね?

『レインボーレッドという品種で、見た目の特徴としてはグリーンのキウイと違って産毛がないんです。』

レインボーってことは虹色なんですか?ということでさっそく収穫してみます!とれました!ではさっそくとれたてキウイを食べてみたいのですが…

『実はとれたてのキウイはまだ成熟していないので、甘くないんです。1週間ほど時間をかけて追熟していくことで甘みが出てきます。収穫したキウイを甘くする方法があるんです。まず新聞紙を入れた袋の中に、キウイとリンゴまたはバナナを入れます。リンゴやバナナが発するエチレンガスによって追熟が早まるので、このまま常温で1週間~10日ほどで食べごろになります。キウイの甘さは見た目ではわからないんですが、キウイの頭とお尻の部分を挟むように持ち、柔らかさを感じたら食べごろです。』

ということで1週間ほど前に収穫した食べごろのキウイを準備していただきました!お店でよく見るグリーンのキウイの糖度がだいたい15度前後なんですが、それと比べると糖度は18度~19度くらいと甘いんです。高森地域はこの時期寒暖差が激しいので、寒さの刺激を与えることによって甘みが増します。このキウイはいつごろまで収穫できますか?

『なくなり次第終了になりますが10月中旬までを予定しています。収穫した分は500gあたり650円で持ち帰りることができます。』

さらにこの農園でとれたフルーツを使ったアイスクリームも食べることができますよ。アイスクリーム (440円)

さて、カフェではお料理の体験ができるということなんですが、石窯で焼くピザ作りの体験ができます!早速やっていきましょう!まずはピザ生地を作ります、こねる工程は事前に済んでいますので、皆さんには生地を伸ばすところから始めてもらいます。さあ生地ができました!続いては、ピザにのせる具材を切って生地の上にのせていきます。そしてチーズをトッピングします。具材を乗せ終わったら、石窯で焼いていきます、時期にもよりますが、秋から冬にかけては火の温度が上がりにくいので30分程度窯で焼きます。ピザ作りは2人前から体験ができますよ。お子さんでも簡単に作れるので、是非やってみてくださいね。

皆さんのお越しをお待ちしていま~す!!

奥あそフルーツガーデン
住所 阿蘇郡高森町野尻711-1
TEL 090-3197-3898
営業時間 10:00~15:00(要予約)
定休日 不定休
駐車場 約15台
備考 フルーツ狩り、ピザ作り体験ともに前日までの要予約です。
Googleマップ で見る

今日は、熊本市西区河内町にあります優峰園フルーツランドにお邪魔しています!優峰園といえば、フルーツ狩りができる観光農園として有名ですが、今が旬はこちらの「梨」!ただですね、先日の台風10号の影響で、台風被害を最小限に抑えるために梨はとってしまったそうでして、今週から来週金曜日25日まで梨狩りはお休みとなっています。しかし26日以降は、「新高梨」が収穫できるそうなので梨狩りがしたいという方は26日以降にお越しください。今は梨狩りなどはできませんが、こちらの直売所では梨やぶどうを買うことはできますよー!

しかしながらここ、優峰園は、フルーツ狩りだけではありません!ほかにも楽しめることがたくさんあるんです!景色ものどかでよかでしょ~。熊本市内から20分弱でこんな景色が見られるってすばらしいことですよね!山があって、川のせせらぎも聞こえる。癒されますよね!そして、この奥には子どもたちに人気のアレがあるんですよ!ご案内いただくのは、優峰園の田尻さんです。宜しくお願いします。田尻さん、この先にあるのは?

『ニジマスが釣れる「釣り掘」です。』

そうなんですよ!お店のほうで受付をして、釣竿と餌を受け取ります。こちらが餌付きで1本200円!この釣り掘、地元の幼稚園などもよく訪れるんですよね?お子さんたちでも釣れるということもあり、人気なんですよ。私たちもニジマス釣りに挑戦したいと思います。ちなみに釣ったニジマスは、1匹480円で購入できます。また、別途1匹100円で塩焼きもしくは唐揚げにしていただくこともできます。持ち帰りたいという方にも、下処理をして、氷もつけてくださいますよ!

さて続いては、先月リニューアルした「流しそうめん」をご紹介します!田尻さん、先月リニューアルしたのがこちらですか?

『そうなんですよ!以前は、カフェ「かわゆか」と言いまして、ケーキなどが食べられるカフェだったんですが、先月「流しそうめん」専門店「somenかわゆか」にリニューアルしました。』

まず、中に入ると、先ほどご紹介しました釣り堀の受付がこちらになっています。釣った魚もこちらに持ち込んでいただきまして、すぐに食べたいという方はこちらの店内でいただくことができます。そして、奥にきますと、みてください!各テーブルに流しそうめんのセットが!!田尻さん、おすすめの席はどこですか?

『これからの季節は気持ちがいいので、外がお勧めですね!』

田尻さんお勧めの外、行ってみましょうかー!!真下には川が流れていますよ!自然に囲まれながら頂けるなんて最高ですよねー!そして、「流しそうめん」は流しそうめんでも、普通の流しそうめんじゃないんですよ!見てください、こちら!!なんとこれ全部、そうめんのつけダレなんですよ!トムヤンクン風やタイ風グリーンカレー、豆乳坦々麺風や、海老だしなど全部で8種類も!!

『実は上乃裏にあるシュラスコが有名な「テラス」というお店をご存知ですか?今回のリニューアルは、その「テラス」がプロデュースしていまして、こういったユニークなつけダレを考えてもらいました!麺は、徳島県の半田そうめんを取り寄せていまして、太めでコシがあるのが特徴ですね!』

それでは、流しそうめんしちゃいますよー!このお水ってもしかして?

『もちろん、金峰山の湧き水をひいています!お水も常に循環して新しいお水に入れ替わっているので安心してお楽しみいただけます!』

こちらのそうめん流しは、そうめんと自家製のめんつゆがついて1人前600円!今日ご準備いただいているのは、2人前ですね。せっかくなので私は自家製のめんつゆでいただきます!これだけ種類があると、最後まで飽きずにそうめんを楽しめますよね!!

『ちなみに寒くなったら温かいそうめんメニューも出す予定です。』

1年中そうめんが楽しめそうですね!そして、先ほど釣ったニジマス!私は塩焼きにしてもらいましたよ!一方私は唐揚げを…、美味しいですね!

ということでフルーツ狩りだけじゃなく、家族で楽しめる優峰園!熊本市内から車で約20分。本妙寺沿いの1号線を道なりに進み、先日ふるさと便りでも紹介した「ラーメン横道」から左方向に進むと到着します。梨狩りは今月26日から再開。そしてそうめん流しができる「somenかわゆか」は11時~17時まで。定休日は水曜日です。

みなさんのお越しをお待ちしていま~す!

優峰園フルーツランド
住所 熊本市西区河内町岳1144
TEL 096-288-1545
梨狩り 9月25日(金)まで休止
「somenかわゆか」 11:00~17:00、定休日:水曜日
釣り堀 貸し竿代 1本200円(エサ代込)
Googleマップ で見る

おはようございます。今回は、維和島の株式会社むらたから珍しい映像をお届けしますよ~。詳しい話を、「株式会社むらた」の村田浩士さんにお聞きします。 よろしくお願いします。村田さん、以前フグの陸上養殖でお世話になりました! あの時のフグの養殖場と同じ敷地ですが、今回は違う魚という事でしょうか?

『はい、今日はヒラメをご覧いただこうと思います。』

ヒラメをご覧いただく前に、英太郎さんにクイズです。A(左向き)とB(右向き)、どっちがヒラメで、どっちがカレイでしょう?

村田さん、正解をお願いします。

『正解発表→左向きがヒラメ、右向きがカレイです。』

という事で、さっそく村田さんの育てたヒラメを紹介していきますが、村田さんのヒラメにはある特徴があるんですよね?

『はい、天然のヒラメでは、考えられないような特徴があります。』

さて、ここでヒラメクイズです。 村田さんのヒラメの変わった特徴とは何でしょう?英太郎さん、面白くボケて・・・いや、お答え下さい。

正解はコチラ!【空を飛ぶ】です。それでは、空飛ぶヒラメをご覧いただきましょう。

『では、エサをまきます。飛び過ぎてとなりの水槽に行くので、ヒラメの水槽は水かさをあげないようにしています。このヒラメは出荷の1~2か月前の状態です。このあと、エサの管理で大きくなり、約1か月後の出荷サイズがこちらの白いケースに入った大きめのヒラメです。出荷サイズはおよそ、40cm 900g~1kgくらいです。』

ちょっと待った~! ここでまたまたヒラメクイズです。カメラさん、もうヒラメを映さないで下さい! ヒラメの目には、とっても珍しい特徴があります。それは何でしょう?

村田さん、正解をお願いします。

『目のカタチが「ハート」です。』

ヒラメは年中、恋しているんですね~?

『冬が旬と言われていますが、養殖はエサを調整して脂のりなど調整しているので年中旬でおいしいです。また、歯がするどいので天然ヒラメを釣った際に口元に指を持っていくと噛みつかれて大けがするので注意して下さい。』

続いては、新鮮にお得においしく食べられるヒラメ料理を紹介しますよ!ヒラメと言えば、お店で食べるか、スーパーで刺身か切り身を買うかですが、いずれにしろ、結構お高いですよね…。

『一般的に高級魚なので、若干高いですが天草の魚屋さんでは生きたまま売っているので、まるごと1匹買って料理したら、新鮮でおいしいヒラメをお得にたっぷり食べられますよ。』

村田さんのヒラメは上天草のマルケイさんで購入できます。およそ1キロ、金額は3500円程度で、生きたヒラメを購入でき、希望の食べ方にさばいてくれますよ~。今回は、刺身と煮つけとからあげ、味噌汁用にさばいていただきました。だいたい5~6人前はありますよ。まずは、刺身をいただきます。お酒にもあうし、ご飯にも!これが家庭で食べられるんです。煮つけをいただいてみましょう!魚屋で切ってもらった切り身を、しょうゆと砂糖と水で軽く煮込んだだけです。からあげがあがりました!小麦粉をまぶして揚げるだけ!!天草の塩をかけて、出来たてをいただきます!美味しいですね~~!

魚屋さんで買うとこれが家庭で楽しめるんですよ!ぜひ天草の魚屋さんで村田さんのヒラメを買って、楽しんでください。魚屋さんの場所は、道の駅 上天草 さんぱーるから湯島へ行く定期船乗り場へ向かう途中の左側マルケイさんで、1キロ3500円位で販売していますよ。

お店で食べたい方は、村田さんの養殖場直営「天蔵のむら田」に行かれてみてください。熊本市内から天城橋を渡り、そのまままっすぐ、パチンコから右折して道なりにいくと右手にあります。色んなヒラメ料理がありますが、人気の品はコチラ!ヒラメカレーです。この店では、飲み会のシメはヒラメカレーが定番です。

みなさん是非ヒラメを食べてくださいね~

株式会社マルケイ
住所 上天草市大矢野町中887-37
TEL 0964-56-5578

天蔵のむら田
住所 上天草市大矢野町登立8798-8
TEL 0964-56-6080

今回は芦北町の「道の駅 芦北でこぽん」からお届けしま~す!
7月に県内各地で甚大な被害を受けました豪雨災害から早2ヶ月…いよいよ今週の土曜日に「道の駅 芦北でこぽん」が再開します!感慨深いですよね~。。いよいよですね!!少しでも早く再開させたいと今週末に向けて スタッフのみなさんは大変な努力をされてきたそうです。まずは営業再開の経緯について詳しくお話をお伺いしましょう。「道の駅 芦北でこぽん」の駅長 馬場秀男さんです。よろしくお願いします。馬場さん!この度は営業再開おめでとうございます!みなさん待ちに待った営業再開かと思います。先日の豪雨災害を受けて2か月ぶりの再開ということですが、改めてなんですが、ここはどのような被害を受けたんですか?

『ここのお店の裏にある佐敷川が氾濫したので、災害があったすぐは、もう一面濁流でした。店内には150センチほどの高さまで水が入り込んだので、冷蔵庫などの機械も全部だめになりました。水がひいたあとも、店内にはひざ下10センチくらいまでの泥が積もっていました。』

この2か月間、大変でしたでしょう?

『そうですね。もうとにかく大変でしたね。水害を受けて最初の2週間はひたすら泥かきに追われました。 でこぽんのスタッフが毎日30人ほどで作業してました。その1週間後にショベルカーなどの重機が入って作業してもらうなど、1か月間はもうひたすら泥かきでしたね。。その後、ようやく業者に入ってもらって、店内の壁を全部取っ払ってもらったり、床や壁の消毒をしてもらいました。』

そして、「道の駅 でこぽん」の再開で嬉しいのは、野菜などを出荷している生産者のみなさんもですよね。生産者のみなさんもとても感謝しているそうですね。そして、馬場さん!お店の中は以前と変わってないんですか?

『はい。みなさん馴染みのまま店内はほぼレイアウトを変えずに営業します。 では、中へどうぞ。』

ではここからは改めて「道の駅 芦北でこぽん」の魅力をお届けしたいと思います!芦北にはとにかく美味しいものがたくさんありますからね!みなさん!芦北のお肉といえば・・・!? そう!「あしきた牛」ですよね!こちらではお惣菜も販売しているんですが、まずご紹介するのは一番人気なこちらです!「あしきた牛入りメンチカツコロッケ」です!! そしてお肉をがっつり食べたい方! こちらにありますよ~!「あしきた牛のサーロインステーキ」です! 続いて、ここの道の駅で名物商品で忘れてはいけないのが・・・!店舗の名前にも入っている「デコポン」ですよね!!ここではでこぽんの加工品なども販売しているんですが、一番人気がこちら!「デコポンゼリー」です!9月になってもまだまだ暑いですよね。そんなときはこちら!アイスでデコポンを味わってください!さぁそして、最後にご紹介したいのがこちらですね。お店の外で販売されている「高田蒲鉾」さんです!城彩園でもかまぼこなど販売されている芦北を代表する名店ですよね!ここが高田蒲鉾の直売所となっています!高田蒲鉾の名物といえば「オランダ揚」ですよね!みなさん是非芦北のうまかもんをお買い求めください!

みなさんのお越しをお待ちしていま~す!!

道の駅 芦北でこぽん
住所 葦北郡芦北町佐敷443
TEL 0966-61-3020
営業時間 プレオープン…9月4日(金)9:00~17:00
本オープン…9月5日(土)9:00~
Googleマップ で見る
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!