木曜日といえばこのコーナー 中継

旬のお店、スポットを生中継!
担当 : 太田弘樹・緒方由美

甲佐養鰻場

はーい!! 今日は甲佐町白旗にやって来ています。山々に囲まれているんですが、今日は夏のスタミナ絶品グルメをご紹介します。ということでその絶品グルメがあるのがこちらです。なんかの工場みたいな建物でしょ?実はあるものを育てている養殖場なんです。それが…ドン!これです!う・な・ぎ!今月28日は丑の日です!すごい・すごい!めちゃくちゃ元気です!ここからは山本建設養鰻事業所の中 優希さんにお話しを伺います。おはようございます。山本建設というのはなんですか?

『元々の母体は建設会社でして、その山本建設が10年前から甲佐町で養殖をやっています。』

なるほど。では早速、そのウナギを育てている場所に行ってみましょうそのウナギがいるのがこちらです~!!…でも真っ暗ですね…。中さん、なぜ真っ暗なんですか?

『はい。ウナギは夜行性なので元々の生育環境に近づけることでストレスを溜めずに元気なウナギが育つんです。また水温もウナギが育ちやすい30度に設定してあるのでお風呂みたいな状態です。』

その元気なウナギがこちらです!いっぱいいますね。どのくらいいるんですか?

『大体一つの飼育槽に1万5000匹います。』

今回特殊なカメラを持って来ているので切り替えてみましょうか!1万5000匹いるウナギの池がどのくらいあるんですか?

『全部で36槽、120トン、50万匹ぐらいいます。』

また甲佐養鰻場では全国でも珍しい循環式水質浄化システムを採用していて、緑川の綺麗な水を天候に左右されず維持でき、良質なウナギが育つそうなんです。そして8ヶ月から1年半をかけ育てたウナギは出荷時期になると、池から別の場所にうつされるんです!出荷日の朝から大きな選別用プールにウナギを流します。プールに溜まったウナギを機械で引き上げ選別をします。一つ一つ手作業で大きさなどを判別して分けていくんです。かなりの職人技。選別作業時はかなりのピリッとした雰囲気と緊張感が漂っていました。そして選別などをしていた作業場のさらに奥にやって来ました。なにやら黒い樽?入れ物が並んでいますね。これは?

『選別して出荷を待つ最高の状態のうなぎです。開けてみますね。』

掴んでみてもいいですか?

めちゃめちゃ元気ですね!どのくらいの大きさが1番いいんですか?

『この桶に入れているのが1キロあたり3匹ほどで、1番高く取引されるのが1匹3300gぐらいのうなぎです。』

さぁ勢の良いウナギをご覧いただきましたが、ここからはやっぱりウナギを食べたいということで特別にご準備いただきました~!!早速見てください!まさかこの場で中さんに焼いていただいています。 これをどうしますか?

『炊き立てのご飯も準備していますのでうな重を作っていきます。』

この上に焼き立てのウナギが乗ります。それにタレをかけてうな重の完成です。悔しいですが、おがっちどうぞ!!

とっても美味しいです~!!

続いてご紹介する、ウナギを使ったお料理は、山本建設養鰻事業所の杉本 京子さんに作って頂きました。よろしくお願いします。 美味しそうなお料理が並んでいます!

『ウナギの肝吸い、ウナギとほうれん草の和物です。 』

おがっち最高ですね!!

朝からこんな贅沢すみませ~~ん!!

甲佐養鰻場のウナギですが、通販ショップなどで購入することができます。また甲佐町の物産館でも購入できますよ!28日は丑の日!!是非甲佐のウナギを食べて暑い夏を乗り切りましょう♪

熊本県産甲佐うなぎ 蒲焼
お値段 1匹 3850円(税込) 送料無料・離島の場合は送料別
備考 「甲佐養鰻場」で検索

甲佐町直売所ろくじ館
住所 熊本県上益城郡甲佐町豊内719−2
TEL 096-234-2828
営業時間 9:00~18:00
定休日 なし
駐車場 10台
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!