木曜日といえばこのコーナー 中継

旬のお店、スポットを生中継!
担当 : 太田弘樹・緒方由美

荒尾市の「村上果樹園」

今日の中継は荒尾市川登にあります村上果樹園からです!さあ、今私たちがいるのが今旬を迎えている梨園です。ずらっと梨の木が並んでいます。台風のため収穫がだいぶ進んでいますので、収穫前の様子ご覧ください。今週月曜の様子なんですが収穫前の梨がたくさん実っているでしょ?私たちいる場所だけで60本以上の梨の木がありまして、なんと約3万個の実がなっているんです。 村上果樹園では先月から収穫が始まっていて10月まで全7種類、品種を変えながら収穫が続くんです。さあここからは村上果樹園の村上厚さんにお越しいただきました。よろしくお願いします!木の高さが低いですけどそれには理由があるんですか?

『木が高くなる分の栄養を梨に行き渡らせるため、また太陽を均一に当てるために低くしています。』

ここだけでしか取れない希少なオリジナル品種の梨があるんですよね?

『秋高です。』

秋高はどんな特徴があるんですか?

『青梨系の大きめの品種で、りんごのようなスベスベした肌をしています。上品な甘さで、新高は黒糖系と言っているんですが、秋高はグラニュー糖みたいな甘さと私は思っています。』

甘さでいうと糖度はどのくらいあるんですか?

『糖度だと12~13度あると思います。今年の出来は、雨で心配したんですが良い出来になりました。』

今回は特別に収穫体験をさせていただけるということで、食べ頃の梨の見分け方なんかもあるんですか?

『表面が黄色くなってきている物、またお尻が平になっている梨が1番食べごろですね。』

買ってきた梨もどんどん黄色くなってきたり平らになってくるそうで、何個も買った場合には確認しながら美味しい期間を逃さず食べれるそうですよ。そして試食も準備していただきました!ありがとうございます。綺麗な色していますね。また冷えてて美味し~!! 実はスイカや梨は冷やすことによって甘みを感じやすくなるそうで、食べる10分ほど前に冷蔵庫に入れて食べると良いようです。

村上さん、そもそもなぜここだけで栽培されているんですか?

『20年ほど前に先代の親父が新高の木に色が違う梨がなっているのを見つけたんですよ。新高の突然変異だったみたいで実がなった枝を接木して育てて行ったらこの秋高が出来たんです。』

秋高は購入できるのはどのくらいまでですか?

『あと10日前後ですね。』

村上果樹園では秋高の他にも全7種類の梨を育てているんですが、秋高と共の今収穫の時期真っ盛りなのがこちらの甘太です。甘太は秋高より食感が柔らかく、甘さと程よい酸味があるのが特徴です。

さあ、先ほどの農園から移動してきましてこちらはどんな場所ですか?ここは収穫した梨を選別して箱詰めしたり、梨を販売する場所となっています。 』

ここに来て購入することができるんですね。オープンしてすぐお客さんがどんどん秋高を求めて来ていますよ。さて先ほどは梨の収穫をしましてとれたての梨をいただいたんですが、ここからは秋高を使った絶品スイーツをご紹介しま~す!

『まずこちらは秋高のジャムです。そしてその隣にあるのはパンに合う梨の紅茶です。 』

梨をそのまま入れてその中に村上さんが作ったジャムが入っています。

さあ続いては、荒尾市のケーキ屋さん「欧風菓子まえひろ」からオーナーの前広さんにスイーツを持ってきていただきました。前広さんは秋高を使ったスイーツをお店で販売しているんですよね?

『秋高を使わせていただいています。今日は、秋高をふんだんに使った荒尾梨のタルトと荒尾梨のゼリーをお持ちしました。』

是非時季を逃さず購入していただきたいですね。

そしてなんと村上果樹園では来年新たなオリジナルの品種も出るかもしれないということです。楽しみですね!!

村上果樹園
住所 荒尾市川登1953−15
TEL 0968−68−3718
営業時間 9:00~17:00
定休日 なし
駐車場 5台
欧風菓子まえひろ
住所 荒尾市荒尾2443−2
TEL 0968-62-1144
営業時間 9:30~20:00
定休日 第1・3水曜
駐車場 近隣に共同駐車場あり
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!