木曜日といえばこのコーナー 中継

旬のお店、スポットを生中継!
担当 : 太田弘樹・緒方由美

2021年10月の一覧

おはようございます!朝と言えば、朝早くからお仕事をされている、お豆腐屋さんにお邪魔しています!益城町に本社がある、内田安喜商店さんの手作り豆腐の製造現場です!こちらでは、豆腐の製造・販売を行っています。先ほど大豆を引いた『生呉』の状態だったものを、いま横の窯で炊いています!今日ご紹介する『いてふ(いちょう)小町』を一人で手作りされている大石常務です!宜しくお願いします!いまは何を?

『おはようございます。うちのお豆腐は添加物を使っていないので、この混ぜる手作業が必要なんです。ふつうの豆腐屋さんはなかなかしない作業なんですよ。宮城県産の「ミヤキシロメ」という大豆を阿蘇の伏流水に12時間つけてしっかりと水を含ませていますよ。』

加熱することで、『生呉』だったものが『煮呉(にご)』というものになるんですね~。作業が続いていますので、ここで、みなさんお豆腐が体にいいことはご存知だと思いますが、なにがどう、体にいいのかご説明しますね。まず豆腐の原料の大豆は良質なたんぱく質や脂質が多く含まれています。例えば、木綿豆腐1丁300グラムに19.8グラムのタンパク質が含まれます。これは卵でいうと、およそ3.4個分!さらに、大豆がいろいろな工程を経て豆腐になっているので、消化吸収もいいですし、脂質は不飽和脂肪酸なので、成人病予防なども期待されるんですね~。嬉しい健康効果ばっかり!もう、毎日食べたい!

そうこうしている間に、「煮呉」になったものを絞りにかけていきますよ~

『これで、豆乳とおからに分けていきます!』

お豆腐屋さんは朝も早いんですよね?

『製造ラインは早い人は朝3時から作業を始めてますね、工程もたくさんあるのでそのくらいに始めないと間に合わないんです。』

この『いてふ小町』のシリーズ、4種類あるのは、大石常務がすべて作っているんですよね?

『そうなんです、なので、一部の店舗でしか販売できないんです』

さあ、おからと豆乳に分かれました、ちなみにおからはどういった活用をされますか?

『おからも販売していますし、ケーキなどに加工したりしています。』

余すところがない!この豆乳を固めていくんですよね

『にがりを入れていきます。にがりは四国 室戸のにがりを使っていますよ。海のミネラルをまるごと含んでます。』

お!!固まってきましたね!

『はい!少しづつ豆腐がかたまってきたのですくっていきますね。』

そして、かたまって完成したのが、こちらの汲み上げ豆腐ですね!!衛生管理、品質管理もしっかりされた安心の味です!

では~、おいしいお豆腐をいただいていきますよ~。後藤社長です、宜しくお願いいたします。

『よろしくお願いします。』

先ほど製造の様子を見せていただきましたが、こだわって作っているんですね!それではさっそく汲み上げ豆腐いただきたいです!!お腹すかせてます!これから寒くなるので、今回は湯豆腐にしていただきます。とっても美味しいですね~。そして、「きぬ厚揚げ」でおでんを作りました。さらに、油抜きをしなくていいので、パッと炙って生姜と醤油で食べても美味しいですよ!!

そして、内田安喜商店さんは、SDGsの取り組みを高校生と一緒に進められているんですね!

今回ご紹介した、いてふ小町なんですが「東野店」「フードウェイ サクラマチ」、「フーディーワン浜線と新大江」で販売されていますよ~!

最近どんどん寒くなってきましたので、あったかいお豆腐を食べてほっこりしたいものです!

内田安喜商店 東野店
住所 熊本市東区東野1丁目8-3
TEL 096-368-4007
営業時間 10:00~19:00
定休日 なし
駐車場 4台

今日は荒尾市樺からです。本日は芸術の秋に相応しく、“九州を代表する陶器”と言われている伝統工芸品「小代焼」の窯元からその魅力をお伝えします。みなさん、小代焼って名前は聞いたことあると思いますが、その特徴ってご存じですか? それでは詳しい話をお伺いしましょう!中平窯の西川さんです。宜しくお願いします!中平窯はどんな窯元なんでしょうか?

『はい、こちらは窯を開いてから30年の歴史を持ち、小代焼の制作から展示・販売までを行っております。』

そして、今回紹介するのが国の伝統的工芸品に指定されている小代焼ということですが、その特徴とは何ですか?

『はい、小代焼は、熊本県北部で約400年前から焼き続けられている陶器で、現在、県内に11の窯元が存在します。 その特徴は、鉄分の多い小代粘土を使った素朴で力強い作風と釉薬の調合割合、焼成温度の変化等により、青小代、黄小代、白小代といわれる微妙な発色技法が使い分けられる事です。』

どれも味わいがあって良いですね~!西川さん、小代焼の特徴はこの地の土にもあるんですか?

『はい、鉄分の多い小岱山特有の陶土から丹念に粘土質を選り分け使用しています。』

小代焼の器に盛ると…ご覧ください!こんなにおいしそうに見えちゃうんです!西川さん、素晴らしいですね!それで、今回は我らがオガッチが陶芸を体験させて頂きます!普段は体験できないそうなんですが、番組のために準備して頂きました!ろくろ部屋に移動しましたよ~。足でろくろを回しながら手の指で形成していきます。 さぁ、そして小代焼特有の作業をテレビ初体験しちゃいますよ!それは?

『はい、釉薬かけです。』

釉薬かけって、作品の出来を左右するものですよね?

私でも出来ますかね?

『はい、釉薬をかける事自体は簡単です。ただ、これまで体験でやって頂いたという事は一度もありません。』

緊張します!じゃあ、まずお手本を…。

『まず片手で素焼きした器を持って、右手で…釉薬をかけます…。』

難しそう…では。西川さん、いかがですか? 売り物になりますか?(^^;)

では、荒尾市から告知です!

『はい。10月31日まで「暮らしを彩る小代焼」と題し、9つの窯元が集結したWeb展示会を行っております。おうち時間を素敵に彩る器を紹介していて、もちろん購入も出来ます、是非覗いてみて下さい。また、今月22日から24日にかけて、あらまた窯元めぐりというスタンプラリーも開催します。1つの窯元で1000円以上購入したらもらえるスタンプを2つ集め応募すると、抽選で素敵な焼き物がもらえるチャンスです!ぜひお越しください。お待ちしていま~す!』

小代焼 中平窯
住所 荒尾市樺1192
TEL 0968-68-7326
営業時間 9:30~17:00
定休日 水・木
駐車場 20台

今日は益城町砥川にやってきています!まだまだ日中は暑い日が続いていますが、季節は秋真っ只中ですよ!秋といえば読書・スポーツ!いや食欲の秋ですよね!そんな中今旬を迎えているのが柿です!しかもこちら、熊本県がダントツの出荷量を誇る高級柿「大秋柿」です!今日の中継では、東京で数万円はくだらない大秋柿をたっぷりご紹介します~~。

今日の中継は益城町砥川にあります福馬果樹園やってきています!さあ、今日ご紹介するのは今出荷が最盛期を迎えている太秋柿です。奥にみえているのが福馬果樹園の直売所となっていて、すでに朝から多くのお客さんが訪れているんです。 そしてその横にあるこちらが太秋柿のハウスになっています。現在の中の様子気になりますよね~早速、入ってみましょう!今か今かと出荷を待つオレンジ色に染まった柿がたくさんなっていますよ。なんとその数約400本!木にたくさんの柿が実っていますよ。さあここからは福馬果樹園の2代目福馬盛寛さんにお越しいただきました。よろしくお願いします~。実は福馬果樹園が太秋柿を最初に始めた果樹園なんですよね?

『はい、先代が平成9年にここの果樹園から販売をはじめて今各地に広まっています。』

始めた当初はほとんどが東京からの注文だったそうなんですよ! そんな福馬果樹園の太秋柿はまた普通のとは一味も二味も違うんですよね?なんという大秋柿ですか?

『シンデレラ太秋と言います。特徴としては常紋というリング状の線が入るんですが、これが入れば入るほど甘みが乗っているということになります。また、シャリっとした歯触りできめ細かいのが最大の特徴なんです。甘さでいうと糖度は、通常の柿は15度ぐらいなんですがこのシンデレラ太秋は20度以上あると思います。』

どうしてそんな糖度があがるんですか?

『詳しくは企業秘密で話せないんですが、みてわかるように路地ではなくハウスで育てることで気温・水などの調節ができ安定した甘さの柿ができるんです。さらにストレスを与えることによって木の生命力を最大に引き出させて 甘い果実を作るようにしているんです。だいたい350~400gはありますかね。全部の栄養を柿に行くようにしています。』

東京のデパートなどではどのくらいの値段が付いているんですか?

『聞く話によると1箱で2万円以上するそうですよ。』

シンデレラ太秋を購入できるのはどのくらいまでですか?

『例年は12月末までなんですが今年も多くのお客さんに来て予約いただいているので、11月中旬とか早くなるかもしれません。』

では早めにお越しいただいた方が間違い無いですね!

ここからはシンデレラ太秋を使ったお料理をご紹介しま~す!まずこちらは?

『こちらはたた凍らせただけなんですが絶品の冷凍柿です。続いてはこちらは、シンデレラ太秋の生ハム巻きです!シンデレラ太秋はメロンよりも糖度が高いので生ハムの塩気と相性がぴったりです。』

また柿が赤くなると医者が青くなるという言葉があるように栄養価もすごく高いんですよね?

『ビタミンCを中心に食物性など栄養が豊富で高血圧や免疫を上げる効果が期待でき、さらに女性にはうれしい美肌効果もあると言われています。』

さあ続いては、なんと熊本市東区のウナギ料理のかわ専からオーナーの松島さんにお料理を持ってきていただきました。松島さん、どのような関係なんですか?

『店での料理にこれまでずっと使わせていただいています。こちらは、シンデレラ太秋をふんだんに使った白和えとシンデレラ太秋のスムージーです。』

是非スムージーや冷凍柿などは家でもできるのでぜひ試していただきたいですね!

購入予約される場合は電話より直売所かホームページからの購入がスムーズだということですよ!!

福馬果樹園
住所 上益城郡益城町砥川1079-3
TEL 096-287-3033
営業時間 8:00~17:00
定休日 12月まで無休
駐車場 6台

今日は菊池郡菊陽町にあります、文具と雑貨のお店「デサキ熊本菊陽店」にお邪魔しています。今週末の土曜日から9日間、「デサキ熊本菊陽店」の店内で「グリーン ヒルズ マルシェ」というイベントが開催されます。ということで詳しいお話を仕掛け人の河島さんにお伺いします。宜しくお願い致します! 河島さん、こちらはどんなイベントなんですか?

『今年5月にも開催したイベントで「おいしい!たのしい!を届けたい。菊陽町周辺でみんなが集まる場所を作りたい。」との想いから生まれたマルシェです。 県内外から美味しいパン屋さんなどが集まり、雑貨なども日替わりで出店します。』

ということで今日はイベントに先駆けて、いくつかのお店にお越しいただきましたー!みなさんおはようございます!!早速順番にご紹介していきましょう!

『まずこちらは熊本市中央区坪井にあるサンドイッチ専門店「タトミヤ」さんです!タトミヤさんといえば、熊本の「フルーツサンド」ブームの先駆けですよね!こちらのサンドイッチは、こだわり抜いた材料を使用して毎日ひとつひとつ手作りしています。つづいてこちらは合志市豊岡にある「カジュエル ランコントル」というお店です!』

ディレクター情報によりますと、「平日しか営業してないからずっと気になってるけど行けないお店!」だそうです。

『そうなんですよ!普段は平日のみの営業ですので、このマルシェにくれば買うことができます!』

まだまだいきますよ!河島さん続いては?

『次は私のお店です!「ピンクインディア」という熊本市中央区白山にあるお店なんですが、北欧デザイナーによって立ち上がったブランドです。そして最後に「フェリシティー」というハーブティーを販売されているお店です。』

今回ご紹介したのはほんの一部でして、イベント開催期間は他にもたくさんのお店が集まるんですよね?

『美味しいパンの販売や、こういった雑貨も販売しています。そして、今なかなか旅行に行けないと思いますので、県外から人気のジャムやチョコレート、焼き菓子やキッチンカーも登場しますので、ご家族で楽しめるイベントになっていると思います。』

さて、続いては、先月デサキ熊本菊陽店内にオープンしたお店をご紹介します。こちら!「カフェ・ラ タッツィーナ」というお店です!菊池にある「イルフォルノドーロ」の系列3店舗目として9月にオープンしました。ピザを店内で食べられますし、プラス100円でテイクアウトも出来ますよ!さらにオススメのスイーツがこちら「グラパフェ」!イタリアの氷菓グラニータとパフェを合体したスイーツだそうです。

そして、マルシェが開催されている期間にはこちらの「至福のマロンピザケーキ」というものも販売されます。また、このお店の隣にある「ロール アンド シュー」という洋菓子店ではマルシェ開催中に「手包みマロンパイ」も販売されますのでイベント期間中の限定スイーツもお楽しみいただけますよ!さらにさらに!イベント会場となりますデサキ熊本菊陽店ではこのマルシェのあとにセールも開催されるということです。皆さんのお越しをお待ちしていま~す☆

デサキ熊本菊陽店
住所 菊池郡菊陽町津久礼2648
TEL 096-233-2277
営業時間 10:00~19:00
定休日 なし
駐車場 170台
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!