火曜日といえばこのコーナー 本田さんちの晩ごはん

本田アナが料理をマナブ!その日の晩ごはんにいかがですか?
担当 : 本田千穂

新型コロナウイルスによって影響を受けている熊本の魚を使って料理をしてきましたよ!今日の先生は、初登場!変わった経歴をお持ちの先生です。ホテル メルパルク熊本の高見 悠先生に教えていただきます。よろしくお願いします!

真鯛とアサリのスープ(2人分)

材 料
  • 真鯛切り身 80g×2
  • アサリ 200g
  • 220cc
  • バター 適量
  • カイワレ 少々
  • オリーブオイル 少々
  • コーンスターチ 適量
  • 塩コショウ 少々
作り方
  1. 鍋に砂抜きしたアサリ、水を入れ火にかける(中火くらい)
  2. フライパンにオリーブオイルを入れ中火で温める
  3. 切り込みを入れた鯛の両面に塩コショウをふる
  4. 鯛を皮面から焼く(中火)
  5. アサリが開いてきたら、アクを取り除く
  6. ざるにキッチンペーパーを敷き、アサリのスープをこす
  7. 水に溶かしたコーンスターチを数回に分けてスープに入れとろみをつける
  8. スープにバター・塩コショウ・オリーブオイルを入れ味を調える
  9. 焼きあがった鯛を皿に盛り、スープをかける。アサリ・カイワレを飾り付けオリーブオイルをかけたら完成
存じ上げませんわ
  1. 鯛は皮目から焼くことでパリっと仕上がる


この記事のPDFを印刷する

今回教えてくただく先生は、ステーキとワインの肉バル BAROCCSの高口さんです。よろしくお願いします!教えていただく料理は「鶏肉とアスパラガスのさっぱりリゾット」です。では早速作っていきましょう♪

鶏肉とアスパラガスのさっぱりリゾット(2人分)

材 料
  • 鶏もも肉 140g
  • 玉ねぎ 1/4コ
  • アスパラガス 3本
  • オレンジ 1/3コ
  • ごはん 1合
  • 120cc
  • オレンジジュース 60cc
  • パルメザンチーズ 40g
  • 少々
  • オリーブオイル・コショウ 適量
作り方
  1. 玉ねぎをみじん切りにする
  2. アスパラガスの筋を取り、3cm程度にカットする
  3. オレンジの皮をむき、1cmサイズにカットする
  4. フライパンにオイルを入れ、玉ねぎ・鶏もも肉・アスパラを入れ軽く炒める
  5. 肉の表面の色が変わったら、オレンジジュースを入れ軽く煮詰める
  6. 水・ご飯を入れ軽くほぐし、再び煮詰める
  7. パルメザンチーズ、塩で味を調え火をとめる
  8. オレンジを入れ余熱で軽く混ぜ合わせる
  9. 皿に盛り、オリーブオイル・コショウ・オレンジの皮をかけたら完成
存じ上げませんわ
  1. オレンジジュースは軽く煮詰めることで酸味が飛びコクがでる
  2. ご飯の粘りを抑えるため、混ぜすぎず軽く絡ませる程度にする
この記事のPDFを印刷する

さぁ、始まりました!本田さんちの晩ごはん。今晩のご飯にオススメの料理に私が挑戦しますよ♪ 今回の料理はなかなか難易度が高かったです。でもこんな料理が家庭で出来たら、いつもと違うな~!と思ってもらえる。そんな、ちょっとひと手間加えた料理です。

サーモンのだし巻きと夏野菜の鉢盛り(だし巻き1本分)

材 料
  • 4コ
  • 刺身用サーモン(ハラミ) 75g
  • ナス 小1本
  • シシトウ 5本
  • 大根おろし 1/4本
  • だし 144cc
  • 八方だし 適量
  • 片栗粉 小1
  • 白髪ネギ 適量
  • 適量
  • サラダ油 適量
作り方
  1. 細切りにしたサーモンに塩をふる
  2. ボウルにだしと片栗粉を混ぜる。ザルでこしながら卵を加える
  3. フライパンにサラダ油をひいて卵液を少量流し込む
  4. 卵でサーモンを巻く。2~3回繰り返してだし巻きにする。
  5. 巻きすでだし巻きの形を整え、粗熱をとる
  6. 粗熱をとっただし巻きを切って、器にだし巻きをのせる
  7. 片栗粉と小麦粉をまぶして素揚げしたナスとシシトウを盛り付ける
  8. 大根おろしをのせて、八方だしをかける。仕上げに白髪ねぎをのせる
存じ上げませんわ
  1. サーモンは塩をふってひと晩置くことで水分が出てうまみが増す
  2. だしに片栗粉を入れることで巻きやすくなる


この記事のPDFを印刷する

今回教えてくただく先生は、前回ご出演いただき好評だった、料理研究家 相藤春陽さんです。教えていただく料理は「ホットプレートパエリア」です。では早速作っていきましょう♪

おうちで簡単 ホットプレートパエリア(3人分)

材 料
  • 生米 1.5カップ
  • アサリ 15コ
  • エビ 5尾
  • パプリカ(赤・黄) 各1/4コ
  • アスパラガス 4本
  • タマネギ 1/2コ
  • ニンニク 1片
  • サフラン 小1/3
  • お湯 300cc
  • オリーブオイル 大1
  • 白ワイン 大2
  • コンソメ 1コ
  • 塩コショウ 少々
  • レモン 1/2コ
作り方
  1. タマネギ(1/2コ)を細かくみじん切りにする
  2. ホットプレートにオリーブオイル・ニンニクを入れる
  3. ニンニクの香りが出たらアサリとエビを加える
  4. 白ワイン(日本酒でも可)を入れて蒸し焼きに
  5. タマネギを加える
  6. お米が透き通ったらアサリとエビを戻し入れる
  7. パプリカ(赤・黄)とアスパラをのせる
  8. お湯(300cc)にサフランをつけておく
  9. サフランをつけたお湯にコンソメを入れて溶かし加える
  10. 塩コショウで味をつける
  11. サフランの代わりにターメリックやカレー粉でも可
  12. フタをして中火で約15分加熱
  13. お好みで水を足し、約5分弱火で蒸す
  14. 仕上げにレモンをのせる
存じ上げませんわ
  1. 身がかたくなるのを防ぐため貝が開いたらアサリとエビを取り出す
  2. ねばりを出さないために、生米を洗わずに入れる


この記事のPDFを印刷する

今回教えていただく先生は、向川さんです。芦北からお越し頂きました。今日ご紹介するのはお肉の王様「和王」を使ったステーキですが、英太郎さんも大好きな芦北産のサラたまちゃんも使って豪華に料理をして頂きました。

和王ステーキ~サラたまちゃんの食べるソースとともに~(2人分)

材 料
  • 和王 肩ロースステーキ肉 150g 2枚
  • 塩・コショウ・オリーブオイル・ブラックペッパー 各適量
材料(サラたまちゃんの食べるソース)
  • サラたまちゃんのみじん切り 250g
  • 赤ワイン 60cc
  • みりん 60cc
  • バター 10g
  • すりおろしりんご 1/4コ
  • 濃口しょうゆ 40cc
  • 砂糖 小1/2
  • オリーブオイル 小1
  • 塩・コショウ・ブラックペッパー 各少々
作り方
  1. 肉は焼く前に30分ほど常温に置いておくことで全体に火が通る
  2. 肉の筋切りをする
  3. 塩・ブラックペッパー(コショウ)を肉の片面にふる
  4. フライパンにオリーブオイルをひき 強火で焼く
  5. 焼き色がついたら、返して中火で焼く
作り方(サラたまちゃんの食べるソース)
  1. 鍋にバターを入れ、強火で溶かす
  2. 中火にし、サラたまちゃんのみじん切りを200g入れる
  3. すりおろしりんご、赤ワイン、濃口しょうゆ、みりん、オリーブオイル、砂糖を入れ、強火で水分がなくなるまで煮詰める
  4. 水分がなくなったら、残りのサラたまちゃんを入れ1分半~2分火を通す
  5. 塩・コショウ・ブラックペッパーを入れ、味を調えたら完成
存じ上げませんわ
  1. 2回に分けて入れることでサラたまちゃん本来の味と食感を保つことができる

この記事のPDFを印刷する

今回は、昨今の現状を踏まえ、事前に収録をさせていただきました。今回の先生は、叶さんです。テレビは初出演という事で大変緊張されていたんですが、私がしっかりリードして収録してまいりました!

今日ご紹介するのは菊池産の味彩牛を使った料理なんですが、お肉の焼き方や、ソース作りの一工夫など、様々な料理でも応用できるテクニックもご紹介!

和風ソースで味わう 味彩牛の丼ぶり(2人分)

材 料
  • 味彩牛 150g×2
  • 塩・コショウ・サラダ油 適量
材 料(和風ソース)
  • 海苔の佃煮 大2
  • バター 15g
  • 大4
  • 生姜のしぼり汁 少々
作り方
  1. 味彩牛に塩・コショウをふる
  2. 強火で熱したフライパンにサラダ油を入れ、肉を焼く
和風ソースの作り方
  1. 中火でバターの色が変わるまで熱していく
  2. 鍋の火を止め、海苔の佃煮と酒を入れる
  3. 生姜のしぼり汁を入れる 余熱で混ぜる
  4. 肉を焼いた際にでた油をソースへ入れる
存じ上げませんわ
  1. 30分ほど常温で肉を置くことで、全体に火が通る
  2. 和風ソースに必要な調味料が海苔の佃煮で代用できる
  3. ソースに油を入れることで香りをつける

この記事のPDFを印刷する

今日の先生は、熊本市東区月出に去年11月にオープンした、カフェ兼レストラン「comer(コメル)」の渡邊さんです。今日教えてくださる料理は、「新玉ねぎと新じゃがの豆乳生姜スープ」です。旬の野菜を使ったスープですね!それでは作っていきましょう♪

新タマネギと新ジャガの豆乳生姜スープ(4人分)

材 料
  • 新タマネギ 小4玉
  • 新ジャガ 2コ
  • 400cc
  • 塩麹 大1
  • 味噌 大1
  • おろしショウガ 小2
  • 豆乳(無調整) 300cc
  • 適量
  • ブラックペッパー、オリーブオイル、スナップエンドウ、菜の花 お好みで
作り方
  1. 新タマネギは4等分、新ジャガは2センチ角に切る
  2. 鍋に新タマネギ、新ジャガ、水、塩麹、味噌を入れる
  3. 沸とうしたら火を弱めて5~6分煮込む
  4. フタをして10分ほど置く(余熱で火を通す)
  5. 木ベラでジャガイモをつぶす
  6. おろしショウガと豆乳を加えて温める
  7. ゆっくり温めて沸とうする前に火を止める
  8. 味見をして、塩・豆乳で味を調える
  9. ブラックペッパー・オリーブオイル・スナップエンドウ・菜の花で盛り付け
こら覚えとかなん!
  1. 塩麹と味噌を入れることでコク・旨み・甘みを引き出す
  2. ジャガイモをつぶすことで自然なとろみがつく
この記事のPDFを印刷する

みなさま、ごきげんよう。さて、今年度から料理コーナーが少しリニューアルして、火曜日に移動してまいりました。そして今年度からは「本田さんちの晩ごはん」というコーナー名に変わりまして、私が先生に教わりながら、みなさんに料理をご提案させて頂きます。

さて、今晩のおかずを教えてくださるのは、初登場の料理研究家 相藤春陽さんです。先生はこういった生放送の料理コーナーにご出演されるのは初めてなんだそうですよ!!では、早速教えて頂きましょう♪ 今日教えて下さる料理は「桜鯛の木の芽焼き」です。今が旬の桜鯛を使った春らしい1品ですね。

桜鯛の木の芽焼き(2人分)

材 料
  • 桜鯛 2切れ
  • 大2
  • 小1/2
  • 飾り用木の芽 適量
材 料(木の芽みそ)
  • 木の芽 約10枚
  • マヨネーズ 大2
  • 西京みそ 大2
  • 砂糖 大1/2
  • しょうゆ 少々
作り方
  1. 桜鯛に酒と塩をふる
  2. 下味をつけたら、しばらく置く(約10~15分)
  3. 魚焼き用のグリルで焼く(約7分)
  4. 木の芽を細かく叩く
  5. 味噌・砂糖・しょうゆを加える
  6. 魚の表面に木の芽みそをぬって再び焼く(約4分)
  7. 皿に盛り付け、木の芽をのせる
存じ上げませんわ
  1. 酒で魚のくさみを消し、塩で下味を
  2. 卵黄のかわりにマヨネーズを入れる
この記事のPDFを印刷する
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!