火曜日といえばこのコーナー 本田さんちの晩ごはん

本田アナが料理をマナブ!その日の晩ごはんにいかがですか?
担当 : 本田千穂

鶏の八幡巻

今年最後のこのコーナー!今日の先生は2回目のご出演になります、熊本モノリス料理長の藤川先生です。今年を締めくくる料理は、「鶏の八幡巻」! 野菜を肉などで巻いて食べる日本の郷土料理なんですが、お正月にぜひ食べてほしい料理です。
【八幡巻】京都府八幡市発祥で、ゴボウをウナギやドジョウで巻いて食べていたのが始まり。ゴボウは縁起のいい食材とされ、おせちにも使われる料理です。

鶏の八幡巻(2人分)

材 料
  • 鶏ムネ肉 1枚
  • ゴボウ・ニンジン 各1/3本
  • セリ 1/3束
  • ダイコン 1/4本
  • インゲン 2本
  • 100ml
  • 砂糖・塩 各5g
  • 片栗粉・サラダ油 各適量
材 料(照り焼きのタレ*合わせ調味料)
  • 酒・みりん・水 各大2
  • 濃口しょうゆ 大3
  • 砂糖・ハチミツ 各大1
作り方
  1. ブライン液(水100ml・砂糖/塩 各5g)に鶏ムネ肉を漬ける
  2. ゴボウ・ニンジン・ダイコン(各細切り)・インゲンをゆでる
  3. ダイコン以外の野菜を照り焼きのタレに漬ける
  4. 鶏ムネ肉を観音開きにする
  5. 皮を下にしてラップをのせ 綿棒で叩いて平らにする
  6. ハケで片栗粉をつける
  7. ゴボウ・ニンジン・インゲン・セリ・ダイコンをのせる
  8. ラップの上からアルミホイルで巻く
  9. 沸騰したお湯の中に入れて火を止め お湯が冷めるまで待つ
  10. フライパンに油をひいて表面に焼き目をつける
  11. 照り焼きのタレを絡める
  12. 食べやすい大きさにカットする
存じ上げませんわ
  1. ブライン液(水100ml・砂糖/塩 各5g)に鶏ムネ肉を30分以上漬ける
  2. じっくり火を入れることで 鶏ムネ肉をやわらかく仕上げる


この記事のPDFを印刷する
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!