金曜日といえばこのコーナー 家族が一番

ほのぼの家族に密着!家族の絆っていいなぁ~
担当 : 太田弘樹

2020年07月の一覧

今回も、水害で大きな被害を受けた小国町で、七年前に家族がいちばんで取材に伺った、岡本とうふ店の岡本さんご家族を改めて取材してきました。水害に遭い、新型コロナウイルスの影響で、売り上げは例年の半分以下だそうです。大変な中、家族で力を合わせて頑張っていらっしゃいました。


岡本とうふ店
住所 阿蘇郡小国町西里2241-6
TEL 0967-46-3762
Googleマップ で見る
炭焼小屋湧いた
住所 阿蘇郡小国町北里1800-45
TEL 0967-46-2929
Googleマップ で見る

今回も、水害で甚大な被害を受けた人吉・球磨地方で、以前家族がいちばんで取材に伺ったご家族を改めて取材してきました。


当時球磨川下りの船頭とガイドをされていたご夫婦と、相良村で当時94歳で駅長をされていたおばあちゃんの家族のもとへ伺い、今の思いを聞いてきました。


球磨川下りは、水害による壊滅的な被害で、まだ再開の目途は立っておらず、日々復旧作業に追われています。守永さんも41年間、船頭として活躍し、生活の一部だった事から、辛い気持ちでいっぱいだと語っていらっしゃいました。早く再開して、球磨川に優雅に浮かぶ船を見たいものです。


川村駅駅長だった幸おばあちゃんは、3年間に亡くなられていたんですが、水害に負けず、駅舎は残っていました。娘さんとお孫さんは、幸おばあちゃんが大切にしていた地域のシンボルである駅舎の復活を願っていました。


今回は、水害で甚大な被害を受けた人吉市で、以前家族がいちばんで取材に伺ったご家族の今を取材してきました。今回2家族行ってきたんですが、大変な中、家族や仲間と力を合わせ頑張っている姿がありました。


しらさぎ荘は、築100年以上の建物で、2階まで浸水したため、復旧には、かなりの時間がかかるそうですが、なんとしても再開したいと語っていらっしゃいました。東京から嫁いで、初めての水害を経験したタマさんは、本当に辛いけど、2階の屋根に避難して、一時は死ぬかと思った中救われた命なので、家族で懸命に頑張っていきたいとおっしゃっていました。


釜田醸造所は、ねかせていたもろみも、仕入れた大量の大豆や麦も処分せざるを得ない中、なんとか再建するために、従業員やボランティアと力を合わせて復旧に尽力したいと語っていらっしゃいました。


上益城郡御船町で飲食店「たしろ食堂」を営む田代さんご家族をご紹介!御船でも老舗の食堂で、兄弟がメインで頑張っているんですよ~!どこか懐かしくて美味しいほっこりする料理ばかりなんです。新型コロナの影響で大変な中、一丸となって頑張るご家族です。


チャンポンは創業以来80年変わらない味が自慢!若い方に人気なのが、ニンニク風味が美味しい焼肉ピラフや焼肉定食。甘辛だれで、ご飯が進むんですよ~!さらにオムライスカレーは、中のご飯がドライカレーというこだわりも!!
娘の美奈子さんは、ご年配の方や子どもに食事を提供する「地域食堂」にも参加されています。また、熊本地震の時は、家族みんなで近所の保育園で炊き出しなどもして、食を通して地域のために出来る事をされているところも、愛される理由なんですね。


たしろ食堂
住所 上益城郡御船町御船797-2
TEL 096-282-0345
営業時間 12:00~15:00
定休日 日曜・祝日
駐車場 約10台
Googleマップ で見る
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!