金曜日といえばこのコーナー 金スペ

アレもコレもお任せ!週末すぐ行ける旅の提案も
担当 : 安井まさじ 他 (c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD

熊本市動植物園一部開園

今日は、いよいよ明日から部分開園する熊本市動植物園からです!どのエリアを楽しむことができるのか、ご説明しますよ~。


まずは入園門からです。今まで皆さんが使っていた、『正門』と、植物園側の入り口の『西門』の2ヶ所が現在閉鎖中となっています。現在の入園門は、『南門』。そして、画図橋手前の『臨時門』となっていますのでご注意下さいね。


では、中に入って、まずはこちら!動物達と触れ合う事ができる『動物ふれあい広場タッチ愛ランド』はこれまでと同じく楽しむことができます。10:30~12:00、13:00~15:30の1日2回はヤギ・ヒツジ。10:30~11:00、13:30~14:00、14:30~15:00の1日3回、各回30分間はモルモットと触れあえます。動物の体調管理のため各回定員を200人とさせて頂いております。


部分開園なので、見る事ができる動物たちは限られています。こちらアフリカゾウのメスのマリーとエリです。地震で実は体調を崩してしまったんです。しかし、今は元気で、毎朝午前10時過ぎに寝室から出てきて、お互い顔を寄せ合ってあいさつをするのが日課だそうで、その様子ももしかしたらみなさんも見る事ができるかもしれませんね。


そして、キリン。現在国内にマサイキリンという種類のキリンが11頭いまして、なんとその中の4頭が熊本市動植物園で飼育されているんです。父親のリキと母親の小春(コハル)、息子の秋平(シュウヘイ)、そして異母兄弟の兄・冬真(トウマ)の4頭です。実は秋平は地震の時に、母親の小春のお腹の中にいたんですが、地震から5ヶ月後の昨年9月に元気に産まれてきてくれました。そして、冬真は、年内に他の園に移される予定なので、4頭揃って見れるのは今だけなんですね。その他、キジたちも見る事ができますよ!


また、植物園エリアも一部開園していますので、綺麗な花をぜひ見に行かれてみてください!


そしてこちら『遊園地エリア』です。熊本地震を受けて被害の大きかった「スーパーバイキング」や「子ども列車」は取り壊しになってしまいました。しかし、動植物園のシンボルでもある観覧者やメリーゴーランド、新幹線やモノレールは明日から今まで通り乗る事ができますよ!料金は、アトラクションは1回200円、その他、ミラーハウスが1回100円、ゲームセンターにあるゲームが1回10円~200円となっています。


普段はなかなか聞く事の出来ない動植物園の裏話を聞く事ができるイベントもありますよ。動物資料館で行われる『キートーク』です。主に動物の模型などを展示している動物資料館ですが、中にあるホールで1日2回10:30~と13:30~に動物相談員によって行われます。是非参加してみませんんか。参加は無料です。


現在、レストハウスが休業中ですので、園内でご飯を買う事ができません。お食事を考えられる場合は、お弁当・飲み物持参でお願いします。


皆さんのご来園お待ちしていま~す!

熊本市動植物園
住所 熊熊本市東区健軍5-14-2
営業時間 毎週土曜・日曜・祝日のみ。9:00~17:00(入園は16:30まで)
入園料 無料
駐車場 各駐車場。料金は軽・普通自動車・中型車が200円、大型車が1000円。
備考 ※入園門は、下江津湖側の「南門」、画図橋手前の「臨時門」となっていますのでご注意ください。
Googleマップ で見る
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!