金曜日といえばこのコーナー 金スペ

アレもコレもお任せ!週末すぐ行ける旅の提案も
担当 : 安井まさじ 他 (c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD

休園日の動植物園にまさじが潜入!

今日の金スペは、休園日の動植物園にまさじが潜入!地震後、土曜・日曜・祝日のみの開園となっていまして、部分開園ということで見られるエリアも限られています。
今回は、多くの方が来園する開園日ではなく、休園日にお邪魔して、この春、移動してきた新人飼育員さんのお仕事ぶりや、休園日ならではの動物の様子、そして、地震の被害で観覧休止になってしまったエリアにいた動物の姿を撮影してきましたよ!


そんな中、観覧禁止エリアの動物たちに明るい話題があるんです!動植物園の正面入り口から入ったらすぐの、ワオキツネザルと共に、お客さんを迎えてくれていたクロクモザルですが、なんと、この春、赤ちゃんが生まれました!なんとか写真を撮ろうと頑張ったのですが、お母さんサルがしっかり抱いていて、見えないので、我々も、そして動物園スタッフでさえ撮影できなかったのですが、大きくなって元気に動き回るようになったら写真や映像をお見せ出来る機会もあると思います。


そして、地震で大きく被害を受けた猛獣舎ですが、新しい猛獣舎の工事が順調に行われています。ここにいた、ライオンやトラ、ヒョウたちは現在県外の動物園に預けられていますが、新しい猛獣舎が完成したら戻ってくる予定ですよ!


元バス運転手から飼育員になった松本さんも頑張っていましたね!まだ、新人なので、仕事もエサやりと掃除が中心ですが、慣れてきたら、飼育の難しいゾウ、キリン、カバ、サイなどの担当になることもあるそうです。ちなみに、飼育員さんに聞いた話によると、一番飼育が大変だったのは、クロサイだったそうです。戦車のような体で気性が荒くそれは大変だったそうですが、今は、飼育員との信頼関係も出来、おだやかになったそうですよ!


5月、6月は土曜・日曜・祝日に開園です。是非みなさん動物たちに会いにきてくださいね~!お待ちしています!!

熊本市動植物園
TEL 096-368-4416
開園日 5月・6月は土曜・日曜・祝日に開園(夜間開園は7月の夏休みから)
開園時間 9:00~17:00(16:30まで入園可能)
料金 高校生以上200円、中学生以下無料
Googleマップ で見る
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!