木曜日といえばこのコーナー くまモンとかたらんね

全国から大注目! 県内各地でくまモンが大暴れ!?
担当 : くまモン ©2010 熊本県 くまモン

菊池市泗水町の道の駅泗水「養生市場」からです

今日は、菊池市泗水町にあります道の駅泗水「養生市場」からです!お隣は、本格的な中国宮廷建築などが並ぶ孔子公園があります。今回一緒にご案内して下さるのは、支配人の永田さんです。よろしくお願いします。まずは、こちらの養生市場はどがんしてできたんでしょうか?

『ここは平成13年にできたんですが、もともとは孔子公園ができてから生産者が青空市場を始めて、それがもとでこの養生市場ができたんです。つまり、生産者が立ち上げた道の駅ということなんです。』

正真正銘、地元に根付いた道の駅ということなんですね!ということで、突然ですが、今回は、道の駅「泗水」にちなんで、「し・す・い」で紹介していきたいと思います。まずは、「し」!!【至極の大豆】。至極の大豆とはなんでしょう? 実はですね、大豆の中でも幻の大豆といわれるものが、こちらの赤大豆なんです。なぜ幻かというと、生産者が極端に少ないんです。難しいんですよね。西日本の限られた地域でしか生産しておらず、大豆で唯一皮が赤色をしているんです。永田さん、赤大豆は何か効果があるんですか?

『はい。抗酸化作用のあるアントシアニンやイソフラボンが豊富で、善玉コレステロールの増加、更年期障害の緩和、抗がん作用、糖尿病予防、老化防止などで注目されています。ここにある商品は、養生市場のオリジナル商品で、なんとか安定した生産ができないかと試行錯誤しながら、商品化しています。』

そして、生産者が立ち上げたということもあって、新鮮な野菜や果物がずらっと並んでいますよ。
現在行われている、環境に配慮した農業「くまもとグリーン農業」の前身である、エコファーマー制度をはじめたのがここ養生市場。今ではくまもとグリーン農業の推進施設とされています。

さぁ、ここで2つ目まいります。「し・す・い」の「す」!!【すなかず(しなかず)の多いお弁当】!そう、ここ道の駅泗水「養生市場」で有名なのが、お弁当!なんですよね?永田さん!

『そうですね。過去には九州一お弁当の取り扱い数が多い!!となった時もあって、今でも手作りのお弁当が沢山並んでいます!』
お隣には、孔子公園もあって、お弁当を食べるにはもってこいですよね~。

さぁ、続いては、今が旬のウメで、梅干しの作り方を生産者の方に教わりたいとおもいますよ!くまモンが初挑戦します!それでは、「し・す・い」の「い」!!【いい海できてます】。なんと言っても今の時季、旬なのがウメですよね。いろんな種類がありますが、今こちらの養生市場に出ているのが南高梅。ということで、教えて頂くのは、鳥岡さんです。よろしくお願いします。鳥岡さんもご自宅で作られるんですか?

『作ります!私は熟したやわらかい梅干しが好きなので、そのやわらかい梅干しを今日はくまモンと一緒に作りたいと思います!梅干しは、1粒でクエン酸がレモンの2~3倍。疲労回復や胃腸の活動促進、さらに血液をサラサラにしてくれたり、これから暑くなっていっても、塩分補給にもなりますし、お弁当にいれれば防腐効果にもなりますからね。毎日1粒で医者いらずと言われるくらいですから、オススメですよ!』

では、早速作っていきましょう♪ 材料は、「梅…3kg、塩…300g(梅の10%)、五倍酢…150cc」です。

『まずは、売られている梅は香りがしてくるまでねかせておきます。2~3日程度ですね。その梅は1~2時間水につけておいて、濡れているうちに塩でもみます。塩は梅の10%です。それ以下だとカビが発生する可能性が高くなります。しっかりもんだら、五倍酢をふきかけます。(※カビ予防にもなる)そして、重石を乗せるんですが、最初の1週間は梅の重さの2倍の重石を。1週間後水があがったら梅と同じ重さにしてください。そしたら1か月後には美味しく食べられます。』

みなさん、ぜひ養生市場に来てくださいね~。待ってま~す!!


道の駅泗水 養生市場
住所 菊池市泗水町豊水3393
TEL 0968-38-6100
営業時間 9:00~18:00
定休日 年末年始
駐車場 128台
Googleマップ で見る
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!