木曜日といえばこのコーナー くらしの豆知識

気になる生活情報をお届け!病気や法律問題もわかりやすく解説
担当 : 田中洋平・恒松聡美

2017年02月の一覧

今日はお達者倶楽部の古庄美恵子さんにも一緒に出掛けてきてもらいましたよ。三寒四温という言葉もありますが、温かく感じる日もありながら、まだまだ朝晩は寒いですよね。若い時はそう感じなかったんですが、最近足が冷えることで眠りが浅くなる事も多いんです。そこで今までやってきた冷え対策は正しかったのか?検証していきたいと思います。

今回ご協力くださった中村漢方は、熊本市中央区帯山にあります。未病という観点から漢方薬や鍼灸そして生活習慣まで様々なアドバイスをしてくれます。初診の場合は予約が必要です。西区池田には姉妹店もあります。

続いては、こちら「ショウガはちみつ酢のお湯割り」です。ショウガのジンゲオールには血行促進や殺菌作用があり、加えて酢には毛細血管の血液循環を良くする効果が。はちみつはエネルギーに変わりやすく疲労回復効果も期待できるといいところづくしなんです。胃腸の弱い方は食べ過ぎには注意して少量から始めてみてくださいね。料理にもいろいろ使って欲しい「ショウガはちみつ酢」。さらに、季節の野菜でもある大根やネギは体を温める力があるということです。

冷えは万病のもと!外から中から温めて快適な毎日を過ごしましょう!

中村漢方
住所 熊本市中央区帯山1-19-9
TEL 096-384-7262
営業時間 9:30~18:30
定休日 日曜・祝日
駐車場 4台
備考 ※初診の場合は要予約
※姉妹店・松寿堂薬局(熊本市西区池田)
Googleマップ で見る

おけい特製 ショウガはちみつ酢

作り方

(1)ショウガをよく洗い、皮がついたまま薄切りにする
(2)保存容器に(1)を入れ、ひたひたに浸かるまで酢とはちみつを注ぐ
(3)1日~3日つけ込むと味がなじむ

材 料
  • ショウガ 100g
  • 大3
  • はちみつ(砂糖)
    ※酸味や甘味はお好みで
    大3・1/2

カンタン♪サムゲタン風(2人分)

作り方

(1)手羽先は火が通りやすいように包丁で切れ目を入れておく
(2)鍋に手羽元、ねぎ、大根、ショウガと水、酒を入れて中火にかける
(3)煮立ったらアクを取り、塩・薄口しょうゆ・こしょうで味付け
(4)弱火で15分ン程度煮たあと、ご飯、ねぎの青い部分を加えて完成

材 料
  • 鶏手羽元 4~6本
  • 白ねぎ 1/2本
  • 大根 100g
  • ショウガはちみつ酢 適量
  • 6カップ
  • 小1
  • 4つまみ
  • 薄口しょうゆ 小1
  • こしょう 適宜
  • ごはん 茶碗軽く1杯分
この記事のPDFを印刷する

さぁ、みなさん!ご家庭でギョーザ手作りされますか?今回は美味しいギョーザ3種3用でご準備していますよ!ぜひご家庭でギョーザパーティをしてみませんか!

椎野先生の教室情報
備考 今回教えて下さった椎野先生の教室の情報は、「べりうまレシピ」で検索してください!

焼きギョーザ(30コ分)

作り方

野菜を小さく切り、塩もみ。豚ひき肉にショウガ・ニンニクと調味料を入れる。野菜と豚ひき肉を混ぜ合わせ、ひと晩おき、皮に包んで焼く。

材 料
  • ギョーザの皮 30枚
  • 豚ひき肉 150g
  • キャベツ 200g
  • ニラ 1/3わ
  • ネギ 1/3本
  • ショウガ・ニンニク 1片
  • しょうゆ 小2
  • 小2
  • オイスターソース 小2
  • 砂糖 小1/2
  • ゴマ油 小1

イタリアン風タレ

作り方

変わりタレをご紹介。

材 料
  • トマト(みじん切り) 1/2コ
  • オリーブオイル 大1
  • 大1
  • しょうゆ 小1
  • コショウ 少々
この記事のPDFを印刷する

今日は、認知症・介護シリーズの第2弾ということでお送りします。介護の仕事についてですが、みなさん英太郎さんが「介護福祉士」の資格をお持ちだとご存知でしたか?この「介護福祉士」は、実は介護の資格の中で唯一の国家資格なんですよ。


介護分野は人手不足と聞きますが、実際はどうなんでしょう。まずは、熊本の現状です。熊本県の有効求人倍率ですが、全分やでみると「1.48」。これは仕事を求める1人に対して、仕事が1.48あるということです。介護サービスになるとこれが2.56となります。仕事を求める1人に対して、仕事が2.56あるということです。つまりは、仕事はあっても仕事を求める人が他よりも少ないということですね。やはり人手不足なんですね。


介護の資格はシンプルになって3段階になりました。介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護福祉士です。そして、驚いたのが、8年後の2025年には全国で37.7万人、介護を職にする人が足りないということ。熊本はおよそ1500人ですが、これをいかに減らしていくかがポイントになります。


介護福祉士が熊本にはおよそ2万5千人もいるんですが、このおよそ半分の方1万2、3千人が国家資格を持ちながら仕事をされていないようです。これは介護福祉士だけの数字ですから、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、また旧制度で資格をお持ちの方もいらっしゃるでしょうから、もっと多くの方が資格をお持ちでありながら、何らかの理由で介護職を離れていらっしゃるということですね。


介護の制度が変わって、旧制度で資格をもっていて戻れるのかわからない、産前産後休業、育児休暇を取って、現場を離れてしまって戻れるか不安など資格はあるけれどブランクがあることで戻りたいけど不安という状況の方が是非1歩踏み出して介護の世界に戻っていただければ8年後のこの1500人はあっという間に埋められるはずです。


熊本県では、そんな有資格者を応援する「はたらきモンプロジェクト」をスタートしています。 資格をお持ちの方を対象に、3月上旬から実務者研修・現場実習を予定しています。


≪実務者研修を希望される方≫
【実務者研修】
・期日 平成29年3月上旬から3カ月 ・費用 無料(一部負担あり)
・対象者 介護職員初任者研修修了者、ホームヘルパー2級以上修了者、介護職員基礎研修修了者
【雇用型の現場実習】
・期日 平成29年6月上旬から3カ月
・実習先 マッチングした介護事業所
・費用 給与支給
※既に介護福祉士資格をお持ちの方、実務者研修を希望されない方は平成29年3月から雇用型の現場実習
【申し込み】 Webで「はたらきモン」と検索し、申し込んでください。
【問合せ】熊本県労働雇用創生課 096-333-2344


プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!