まうゴツ!よかコツ!

木曜日といえばこのコーナー まうゴツ!よかコツ!

知って得する生活情報をお届け!
担当 : 田中洋平・中原理菜

くまもと再発見の旅

去年の夏休み、コロナで外出できなかった人も多いと思いますが、1年経って対策も大きく変わり、ワクチン接種も進んだこともあり徐々に観光事業が復活してきております。その中で、7月から熊本県が「くまもと再発見の旅」という 観光の助成を再開しております。ですが、観光を通して感染者を出さないためにも、これまで全国で扱われていた「GO TOトラベル」などとは変化したようなのでどんな内容なのか調べてきました。

まず割引の対象となるのは「熊本県内在住者のみ」。普段から日常的に接している4人以下のグループ、もしくは同居している家族や同居人でのグループになります。
予約期間は10月末まで、旅行は12月末までとなりますが、県内の感染状況にによっては事業を停止する場合もあります。

そして助成額ですが、こちらも感染対策のために、平日のほうが助成額が大きいです。最大で5000円の助成、旅行代金1万円未満の場合は半額、人の動きが多い土曜日や連休中などは助成額が低く設定してあります。宿泊の場合と日帰りの場合で、曜日の振り分けが異なりますのでお気を付けください。

また、6000円以上のプランで予約した場合は、さらに2000円分の地域限定クーポンがもらえます。こちらは飲食店やお土産物屋さんなどで使用できます。

最後に予約方法ですが、宿泊の場合は直接旅館に電話で予約するほか、旅行会社や宿泊予約サイトから予約する方法があります。日帰りの場合は旅行会社が扱う商品のみとなります。

対象となる宿泊施設や宿泊料金割引申請書は、「くまもと再発見の旅」ホームページに掲載されています。
「くまもと再発見の旅」事務局 096-312-1131(9時~17時)


さてこれだけでも十分お得なんですが、地域によってはさらにお得になる裏ワザがあるとのことです。他にも「くまもと再発見の旅」と併用できる助成を行う市町村があります。

【熊本市】ルックアップくまもとキャンペーン
併用の場合、対象者や旅行期間などは「くまもと再発見の旅」と同じです。 旅行代金は最大で3000円分お得になりますが、 熊本市の場合は対象となる商品に条件があります。
お土産・体験・観光施設の入園券・食事・交通機関などがセットとなったものでして、宿泊と朝食のみのプランは対象外となります。

ホテルキャッスルの場合の例で見ますと、1泊2食付き、エコノミーシングルの部屋で、熊本城の入場券と熊本城のミネラルウォーターがセットになっているプランがあります。
平日に宿泊すると通常11000円のところ、くまもと再発見の旅とルックアップくまもとの併用で自己負担額が3000円。

熊本市の助成を併用する場合は、予約方法は宿泊施設へ直接予約をするか、 旅行会社からの予約の2パターンになります。
LOOK UP Kmamotoキャンペーン事務局 TEL.096-241-8700(平日10時~17時)

【玉名郡南関町】なんかん泊まって応援キャンペーン第2弾
こちらは旅行代金が1万円以上で2000円、1万円未満で1000円。曜日で金額の変化はありません。対象となる宿泊施設に直接電話でのみ、予約ができます。
南関町 まちづくり課 TEL.0968-57-8501

【阿蘇市】ASO夜の飲食券
こちらは宿泊ではなく夜の飲食が半額になる飲食券です。3000円分の飲食券を半額の1500円で購入できます。1人3冊まで購入できるので、最大4500円お得に飲食できます。宿泊した宿で購入でき、土曜日を除く17時以降の飲食店で使用可能。こちらは8月から販売開始の予定です。
阿蘇市夜の街賑わいづくり実行委員会事務局 TEL.0967-32-3330

くまもと再発見の旅は県内の感染状況次第で事業停止の場合もあります。 コロナ対策をしっかりして、夏のお出かけの参考にしてみてください。
田中洋平

MC担当

田中洋平 Youhei Tanaka

山都町(旧蘇陽町)出身。テレビ越しに語りかけるようなリポートが県内の奥様方から少し受けている。最近のひそかな楽しみは月1回の「かたらんね劇場」での女装“洋子”。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!