火曜日といえばこのコーナー 旬ばいただきます

海の幸!山の幸!旬モノを紹介!食材を使った料理&お取り寄せ情報も!!
担当 : 太田弘樹・中原理菜

2018年10月の一覧

今回は、玉名郡和水町の「山太郎ガネ」です。和水町では、カニの事をガネと呼ぶそうなんです。
山太郎ガネ、ご存知ですか?「モクズガニ」と呼ばれていて、上海ガニと似た種類だそうです。柿の葉が紅葉する今頃からが美味しいそうなんですよ。今回は、山太郎ガネを使った郷土料理「ガネメシ」をご紹介!
今回ご紹介した山太郎ガネは「菊水ロマン館」で購入できますが、入荷しているか確認後、予約が必要です。使用したお米は、「ナチュラシルトファーム」の八神米です。また、11月には和水町でこの山太郎ガネのお祭りがあります!



山太郎ガネの「ガネメシ」(4人分)

材 料
  • 山太郎ガネ 5~8匹程度
  • 3合
  • しょうゆ 適量
作り方
  1. ガネの足が外れないように水から弱火で10分程炊く(茹で汁は捨てる)
  2. ガネのヘコと甲羅をはずし、鍋に入れ水と醤油で20分程煮る
  3. 洗った米の上にガネをのせ煮汁を好みの量加え炊く

菊水ロマン館(道の駅きくすい)
TEL 0968-86-3100

ナチュラリストファーム
TEL 080-1748-3788(菅原さん)

この記事のPDFを印刷する

今回は、11月~12月にかけて旬を迎える、苓北町のヒオウギ貝です。ヒオウギ貝には、タウリンが多く含まれており、脳や目の働きを活発にし、疲労回復や免疫力の向上にいいとされています。さらにミネラル類やビタミン類も豊富です。ヒオウギ貝はなじみのない食材ですが、お取り寄せもできますので、是非ご家庭で料理を作ってみてください。


ヒオウギ貝のグラタン

作り方
  1. ヒオウギ貝を湯通しして好みの大きさに切る。市販のホワイトソースをかけ、パプリカをのせる。粉チーズ・パン粉をかけて1200Wのオーブンで5分焼く。
材 料
  • ヒオウギ貝・ホワイトソース・パプリカ・粉チーズ・パン粉 すべてお好み

浜﨑水産
住所 熊本県天草郡苓北町富岡150-21
TEL 0969-35-2488

この記事のPDFを印刷する

今回は、秋から冬に旬を迎える「カマス」をご紹介!天草市では、定置網や底引き網でカマスが獲れています。気温が下がり、そろそろ岸に寄ってくるかな…ということで天草市の崎津で「カマス」釣りに挑戦しました! カマスは白身魚に並んで優れたタンパク質、脂肪、ビタミンB6、B12や骨や歯の形成をサポートするビタミンD、二日酔いに効果のあるナイアシンも含んでいて、お酒を飲む前にとるとより効果的との事です。


今回は、「ブルーガーデン」さんにご協力頂きました。



カマスの一夜干し

作り方
  1. うろこを落とし内臓を取り、開き(頭を落としてもよい)粗塩をふり、10分ほど置く。表面に出てきた水分と粗塩をふき取り、風通しのよい日陰で半日ほど干す。※焼き方…弱~中火でゆっくり焼く(フライパンを使うと簡単)
材 料
  • カマス 1尾
  • 粗塩 大1

カマスの天ぷら(2人分)

作り方
  1. カマスを3枚におろし、片身を2切れに切る。カマスに小麦粉をまぶし、氷水で溶いた天ぷら粉をつけ、170~180℃の油で気泡が小さくなるまで揚げる。
材 料
  • カマス 1尾(30cmほど)
  • 小麦粉 適量
  • 天ぷら粉 適量
  • 氷水 適量
  • 適量

ブルーガーデン
住所 天草市天草町下田北2256-1
TEL 0969-42-3927
営業時間 11:00~18:00
定休日 月・火
駐車場 約20台

この記事のPDFを印刷する

季節は秋、といった感じになってきましたね。秋になるとお魚さんたちも冬前の荒食いで魚の活性が高くなりますよね。そこで、今回は、カワハギを釣りに天草へ行ってきました!そして、大矢野町の魚屋さんにオススメの漁師めしも教えていただきましたよ!


鯛めし(4人分)

作り方
  1. ウロコと内臓を取り水洗いする。塩を振り強火で焦げ目をつける。調味料と具材とタイをそのまま釜に入れて炊く。炊けたらタイを取り出し身をほぐしてご飯に盛りつける。
材 料
  • タイ 400g
  • 2合
  • ゴボウ 適量
  • ニンジン 適量
  • ネギ 適量
  • 薄口しょうゆ 50cc
  • 50cc
  • みりん 50cc
  • 400cc

カワハギ釣り 遊漁船 幸福丸
住所 上天草市大矢野町上鳩の釜漁港
TEL 090-7167-8421(幸福丸 本田船長)
料金 1人1万円(団体割引制度あり)※手ぶらでOK
期間 1月末まで ※詳しくは直接お問い合わせください
駐車場 複数あり

浜田鮮魚(カワハギのお取り寄せ)
TEL 0964-56-0303
備考 「天草グルメ市場」で検索
300gあたり700円、1キロあたり2,000円~2,200円(送料900円)捌きもOK!。鯛めしセット 2,400円(送料込み)

この記事のPDFを印刷する

今回は、葦北郡芦北町のブランドタチウオ「田浦銀太刀」をご紹介!タチウオは1年を通してとれるんですが、旬は春と秋と言われていて、熊本県の秋の魚にも指定されているんです。そのタチウオの中でも、今や全国的に人気があるのが、芦北町の「田浦銀太刀」なんです。今年は、夏の猛暑の影響もあり、まだ、サイズが小さいということなんですが、これから、水温が下がると、どんどん肥えていくそうです!


今回ご紹介した、芦北町の田浦銀太刀は、道の駅「たのうら」や鶴屋百貨店の鮮魚売り場などで購入できます。そして、今回、料理を作っていただきましたのは、芦北町の「野坂屋旅館」さんです。

野坂屋旅館
住所 熊本県葦北郡芦北町佐敷373
TEL 0966-82-2510
営業時間 11:00~20:00(お食事のみ)
定休日 なし
駐車場 約30台
備考 今回ご紹介した、刺身・寿司・竹まき・天ぷらに、小鉢や吸い物、デザートがついた田浦銀太刀コースを5400円(税込)でいただくことができます。宿泊しない方でも大丈夫ですが、事前にお電話で予約をお願いします。
Googleマップ で見る
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!