火曜日といえばこのコーナー 旬ばいただきます

海の幸!山の幸!旬モノを紹介!食材を使った料理&お取り寄せ情報も!!
担当 : 太田弘樹・中原理菜

2020年03月の一覧

今日の「旬ばいただきます」は、納豆ということですが納豆に旬ってあるんですか?
今年になって国立がん研究センターが、納豆を食べることで、がんや脳梗塞、心筋梗塞などによる死亡リスクを軽減するという論文を発表したことから、「情報の旬」という事で紹介します!


白土教授によると、多少の過熱では納豆の栄養はたいして壊れないそうです。そのまま食べるのも、もちろん良いですが、一工夫していただくのも良いですよ!加熱すると、粘り気がかなり減るので、ネバネバが苦手な方はぜひ加熱調理した納豆料理をお楽しみいただきたいです。今夜の夕飯から、健康に良い「納豆生活」を始めませんか!


TGN(2人分)

材 料
  • 納豆 1パック
  • サラダ油 適量
  • ニンニク・唐辛子 適量
  • 鶏ひき肉 180g
  • ピーマン 1個
  • パプリカ 1/4個
  • 料理酒 大さじ2
  • オイスターソース 大さじ1
  • 砂糖・塩・コショウ 適量
  • ナンプラー 大さじ1/2
  • 納豆のタレ 1パック
  • 大葉 5枚
  • ごはん 適量
  • 2個
作り方
  1. ニンニクと唐辛子の風味をつけた油でひき肉・納豆を炒める。
  2. 刻んだ野菜を入れ調味料で味付け、仕上げに刻んだ大葉を入れ、ご飯の横に盛り付け目玉焼きを上にのせる。

八甲田山ドリア(1人分)

材 料
  • 納豆 1パック
  • ゴマ油 適量
  • ごはん 茶碗1
  • キムチ 50g
  • きざみネギ 適量
  • 塩・コショウ 適量
  • 納豆のタレ 1パック
  • 溶けるチーズ 適量
作り方
  1. ゴマ油で納豆・刻んだキムチ・ごはんを炒める。
  2. 刻みネギを入れ調味料で味付け、耐熱皿にうつしチーズをのせオーブンで焼く。




この記事のPDFを印刷する

今日の「旬ばいただきます」は、山鹿市菊鹿町の春アスパラです。JA鹿本管内の菊鹿地区はアスパラガスの主力生産地、今は収穫最盛期なんです!
・アスパラの収穫期間は1月から10月まで
・1~5月春アスパラ(春芽)6月~10月夏アスパラ(夏芽)
・3月から4月は春アスパラの最盛期
アスパラはおいしいだけではありません!日赤熊本健康管理センターによると、アスパラには美肌効果が期待できるビタミンCが豊富に含まれている他、血圧上昇を抑えるカリウム、疲労回復に効果が期待できるアスパラギン酸が豊富なんです。 さらに、素晴らしいのは「焼く」「炒める」という料理法でビタミンの損失が少なく効率よく栄養が摂れるんです。


アスパラ春巻き(2人分)

材 料
  • アスパラ(2L) 4本
  • 春巻きの皮 2枚
  • スライスチーズ 2枚
  • サラダ油 適量
  • 好みの調味料 (ケチャップ等) 適量
作り方
  1. 半分に切った春巻きの皮に、1分位ゆで半分に切ったアスパラと半分に切ったスライスチーズをのせ、巻いて油で揚げる。

アスパラとタマネギのツナ炒め(2人分)

材 料
  • アスパラ(2L) 4本
  • タマネギ 1/4個
  • ツナ缶 1缶
  • しょうゆ 大さじ1
  • 料理酒 大さじ1
作り方
  1. ツナ缶の油で、タマネギ・下部の皮をむき斜め切りしたアスパラを炒める。
  2. ツナを混ぜ合わせ、しょうゆ・料理酒で味付け。好みで塩コショウも。

今日の「旬ばいただきます」は、菊池市のシイタケです。シイタケには特有の香り成分「レンチオニン」があり、免疫力を高めてくれたり、食物繊維が豊富で、整腸作用を促し、便秘解消にもよく、カルシウムの吸収を促すビタミンDも多く含まれます。しかも、乾シイタケにするとその栄養価はグンと伸びるそうですよ~。生シイタケのシーズンは終わりましたが、乾シイタケはお取り寄せも可能です。詳しくは、熊本県椎茸農業協同組合まで!


熊本県椎茸農業協同組合
TEL 096-380-3300

今日の「旬ばいただきます」は、国産のグレープフルーツ。このグレープフルーツなんですが、日本の自給率は0.01%あるかないかくらいで、そのほとんどをアメリカなどからの輸入に頼っているんです。今回、紹介した味咲は、もともとみかんなどの柑橘類を多く作っていたそうなんですが、夏でも食べられる柑橘類をということでグレープフルーツの栽培に取り組み始めたんです。グレープフルーツは、ビタミンCを多く含んでいるので、風邪などの予防にもいいんです。


今回ご紹介した国産のグレープフルーツなんですが、これから貯蔵して追熟するため、実際の販売は、5月頃からになるのではないかということです。鶴屋百貨店や熊本の通販会社「大嶌屋」で販売予定だそうです。ただ、今回少しだけ紹介した国産のブラッドオレンジは、すでに大嶌屋さんで販売されています。こちらも、とっても美味しいのでぜひ食べてみてください!


今回紹介する旬は、天草で育った南国サーモンです。サーモンというと、北の海の幸というイメージですが、東北地方を中心に、全国で1万4千トンを生産、海外から約25万トンを輸入、果たして天草で育つのでしょうか…。その謎を探ってきました。合わせて、生産者のサーモンにかける思いもお伝えします。


浜田鮮魚
TEL 0964-56-0303
備考 「天草グルメ市場」で検索
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!