地域包括ケアを目指して

地域包括ケアを目指して くまもと南部広域病院

毎月第3土曜日 午前11時45分OA

リポーター : 常盤よしこ

第1回「神経難病治療/リハビリテーションについて」

豊かな自然に囲まれた、熊本市南区城南町。「医療法人杏和会 城南病院」が、平成31年3月1日、「医療法人ヘルスケアグループ くまもと南部広域病院」として新たな1歩を踏み出しました。これまで以上にくまもと南部エリアの医療拠点として、地域の皆さまの暮らしに寄り添い、専門性を生かした医療・介護を提供しながら、「地域包括ケア」を実現する同院のさまざまな取り組みをご紹介します。

常盤よしこ皆さんは、「地域包括ケア」という言葉を聞いたことはありますか? 高齢化が進むなかで、要介護状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護が一体的に提供されるシステムのことです。
この番組では、「地域包括ケア」に取り組む病院についてご紹介します。「地域包括ケア」を目指している「くまもと南部広域病院」は、今年3月に「城南病院」から設備、環境がより充実し、新しく生まれ変わりました。
内野院長、今日は宜しくお願いします。新しい「くまもと南部広域病院」はとても明るく、開放的な病院ですね。病院の特色を教えてください。

内野院長:当院には、内科や外科、リハビリテーション科など13の診療科があります。健康診断などの予防医療をはじめ、医療から介護、住まいまで地域に必要な機能を持っていることが特色だと思います。
特にリハビリテーション、神経難病治療を専門分野として力を入れています。

常盤よしこ「神経難病」とはどのような病気ですか? 

内野院長:脳や脊髄、筋肉などの特定の場所に異常が起きて、特定の神経や筋肉が徐々に壊れていくものです。代表的なものとして、パーキンソン病、脊髄小脳変性症などがあります。

常盤よしこ神経難病にはどのような治療法がありますか?

内野院長:薬を使った薬物療法と非薬物療法がありますが、最も重要なのはリハビリ療法です。リハビリを毎日朝昼夕続けておられる方は、発症から20年経過しても自力で歩いておられます。

常盤よしこ最後に神経難病(の患者さん)との向き合い方を教えてください。

内野院長:これまでは治療法がない病気が多かったのですが、神経難病の一部は原因がわかり、治療法が開発されつつあります。将来に希望を持ち、現在使用できる薬を活用しながら、上手に病気とつきあっていくことが大切だと思います。特にリハビリは極めて重要ですので、朝、昼、夕かかさず続けていただきたいと思います。

常盤よしこ内野院長、今日はありがとうございました。

くまもと南部広域病院

熊本市南区城南町舞原無番地  TEL:0964-28-2555


今年3月1日に「城南病院」から「くまもと南部広域病院」へ新たに生まれ変わった


以前と比べて設備、環境がより充実。明るく開放的な空間へ


内野誠院長とリポーターの常盤よしこさん


リハビリテーションと神経難病治療を専門分野として力を入れている


代表的なものとしてパーキンソン病、脊髄小脳変性症などがある


薬物療法と非薬物療法があり、最も重要なのはリハビリ療


リハビリを毎日朝・昼・夕続けている方だと、発症から20年経過しても自力で歩く方も


「専門性の高い医療と地域に開かれた病院を目指します」


豊かな自然に囲まれた熊本市南区城南町にある同院


住まい・医療・介護が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」を目指す

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!