見る知る学ぶLPガス

見る知る学ぶLPガス

毎月第1土曜日
午前
1145分放送

第29回「ガス屋さんが行う点検業務」

一般社団法人「熊本県LPガス協会」は、熊本県内の560社のLPガス販売店及びLPガス卸売事業者等で構成されている団体です。LPガスの販売を通じ、LPガス事故防止のための保安の確保、取引の適正化に努め、お客様がいつでも安心してLPガスを利用できるような事業を行っています。この番組では、私たちの暮らしに役立つLPガスについてわかりやすく紹介していきます。ナビゲーターは丸井純子さんです。

ガス屋さんが行う点検業務

丸井純子さん私たちがLPガスを安全・安心に使うためには、点検が欠かせないと聞いたんですが…。 実際どこを点検するのでしょうか?

松村龍夫さん(熊本県LPガス協会青年会):はい、ガスの点検といってもピンと来ない方もいらっしゃると思います。点検箇所はおもに屋外にあるガスメーター周りと家の中のガスコンロ周りが中心となります。

丸井純子さんへえ、そうなんですね!

松村龍夫さん(熊本県LPガス協会青年会):ガスの検針の際に行なっている、供給設備の日常的な点検から、4年に1度の法定点検まで様々な点検を行います。

丸井純子さんなるほど!

松村龍夫さん(熊本県LPガス協会青年会):具体的な点検内容は、「供給開始時点検・調査」といって、ガスの供給を開始する際にガス器具も含めたLPガス設備全体の点検・調査を行います。そして、ガス容器点検の際に容器の転倒防止の確認など、容器周りの点検を行う「容器交換時等供給設備点検」があります。さらに、「定期供給設備調査」では、ガス漏れの有無など調整器からガスメーターまで、供給設備の点検を行なっています。また、「定期消費設備調査」では、ガス器具、給排気、配管など消費設備の調査を行なっています。

丸井純子さん細かく分かれているんですね!

松村龍夫さん(熊本県LPガス協会青年会):これらの定期点検は、少なくとも4年に1回必ず行うことが法律で義務づけられているんですよ。

丸井純子さんなるほど、大事なことですね!

松村龍夫さん(熊本県LPガス協会青年会):そうなんです。そのほか、「周知」といって、ガス機器の使用上の注意点や、事故を起こさないための情報などを定期的に文書でお知らせしています。また、ガス漏れ等の時にすみやかに対応する「緊急時連絡と緊急対応」があります。

丸井純子さんきめ細かいんですね~!

松村龍夫さん(熊本県LPガス協会青年会):定期点検の際にはハガキや電話で利用者へ案内を送付し、利用者と日程の調整を行なっています。検査当日はLPガス販売店や保安業務員が、法令に従って、ひとつ一つ検査器具を使って点検いたします。時間にして約20分程度ですので、点検の際には利用者の立会いをお願いしています。安心・安全なLPガス利用のため、点検へのご協力をお願いします!


熊本県LPガス協会青年会の松村龍夫さんとナビゲーターの丸井純子さん


点検箇所は屋外にあるガスメーター周りと家の中のガスコンロ周りが中心


定期点検は少なくとも4年に1回必ず行うことが法律で義務づけられている


検査当日はLPガス販売店や保安業務員がひとつ一つ検査器具を使って点検


供給設備の日常的な点検から4年に1度の法定点検まで様々な点検を行う


ガス漏れ等の時にすみやかに対応する「緊急時連絡と緊急対応」


ガス機器の使用上の注意点や、事故を起こさないための情報などを定期的にお知らせ


定期点検の際はハガキや電話で利用者へ案内を送付。安心・安全なLPガス利用のためご協力をお願いします!

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!