歌いつがれる『しあわせ運べるように』

歌いつがれる『しあわせ運べるように』

毎日お届けしている復興のシンボル曲『しあわせ運べるように』。様々な場所で歌われています。先日、球磨郡あさぎり町で行われた合唱祭くまがわでは、人吉球磨地域の11の出場団体がフィナーレで全員合唱しました。今月3日の日曜日には、明治の文豪夏目漱石の生誕150年を記念した詩吟や剣舞を学ぶ子どもたちによる舞台でも…。南阿蘇西小学校の学習発表会では、児童が「大きな地震があった時とても怖かった。長い間、車の中で寝ました。ずっとお水が飲めなかったとき、お水を分けてもらいました。一緒に頑張ろうって声をかけてもらいました。ありがとう、ありがとう」と感謝の気持ちを述べながら、しっかりと歌いました。熊本地震から間もなく1年8カ月。地震の教訓を忘れない復興の歌は、県内各地で歌い継がれています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!