熊本のニュース一覧

県内では初めて御船町の70代の女性がイギリス型の変異株に感染確認(熊本)

最初のニュースは新型コロナウイルスです。
熊本県内では8日新たな感染者は確認されませんでした。
一方、県内では初めて、御船町の70代の女性がイギリス型の変異株に感染していることが確認されました。
熊本県によりますと、イギリス型の変異株への感染が確認されたのは、御船町に住む70代の女性で、3月下旬に新型コロナへの感染が確認されていました。
県の変異株の検査で陽性が判明したため、国立感染症研究所で遺伝子解析を行ったところ、イギリス型の変異株であることが確認されたということです。
この女性は入院中で症状は軽いということです。
県内で変異株への感染が確認されたのは今回が初めてです。
イギリス型の変異株は、通常のウイルスよりも感染力が強く現在、関西で猛威を振るっていて、この女性の家には3月下旬、大阪市に住む20代の孫の女性が帰省していました。
また、7日新型コロナの感染確認が発表された、南関町に住む80代の女性について変異株への感染が疑われることが新たに分かりました。
県内で変異株への感染が確認された人と疑いがある人は、合わせて12人となりました。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!