熊本のニュース一覧

菊池市隈府に伝わる文化『箱庭』展示 【熊本】

菊池市隈府に伝わる『箱庭』という文化をご存じでしょうか。
現在では途絶えたこの『箱庭』を知ってもらいたいと菊池市に住む夫婦が力作を展示しています。
この『箱庭』は菊池市の坂本博さん、栄子さん夫婦が友人たちと作ったものです。
『箱庭』は菊池市隈府に伝わる文化で、およそ60年前まで夏の地蔵祭りの時季に
それぞれの地域で子供と大人が協力して作った『箱庭』を見て回るのが風物詩となっていました。現在では途絶えたこの文化を多くの人に知ってほしいと坂本さん夫婦は2018年から毎年テーマを決めて箱庭を制作。ことしのテーマは『城下町と町のにぎわい』です。

【坂本博さん】
「町の中に人がいないものですからそういう時に何か楽しいものを作れないかなと
単純に思って作り始めました」
【坂本栄子さん】
「こういうことで子供たちに歴史を残していきたいなとも思います」

図面などを用意することなく取り寄せたお城の模型や人形などで城下町のお祭りをイメージ。今にも楽しそうな声が聞こえてきそうです。
手作りのものも多くフェルト生地に描かれた石垣はまるで本物のようです。
例年、坂本さんの自宅で公開していましたが、
ことしは友人の本田秀昭さんの店舗に設置。橋や鳥居は本田さんが作りました。

【本田秀昭さん】
「図面がないものだから行き当たりばったりのやり方でこれだけできたなと私もうれしく思っています」
【坂本博さん】
「特に子供たちに私たちの世代が何を残すのかという時期に来ていると思うんです。私たちが次に伝えなんというのはありますね」

この『箱庭』は5月31日まで、午前10時から午後4時まで菊池市隈府の本田商店で見ることができます。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!