熊本のニュース一覧

人吉市90代男性を「災害関連死」に認定 7月豪雨での認定は2人目 【熊本】

人吉市は去年7月の豪雨災害後に亡くなった90代の男性を「災害関連死」に認定しました。人吉市によりますと90代の男性は、去年7月の豪雨災害で自宅が被災し、避難時に転倒し負傷しました。
男性はその後、体調が悪化し、亡くなったということです。
男性の遺族から申請を受け、6月2日に開いた他の自治体との合同審査会で「災害関連死に該当する」と判断され、7日付で男性を「災害関連死」に認定しました。
去年7月の豪雨災害での関連死の認定は2人目で、人吉市では初めてです。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!