熊本のニュース一覧

体罰や暴言繰り返した教諭を懲戒処分【熊本】

児童に、暴言や体罰を繰り返していた教諭の懲戒処分です。
熊本市教育委員会は29日付けで、熊本市立の小学校に勤務する48歳の男性教諭を3か月の停職処分としました。
市教委によりますと、男性教諭は2019年度から昨年度にかけて、当時、担任をしていたクラスの児童を長縄の練習中に押し倒すなど2件の体罰を行ったほか、女子児童に抱きつくふりをしたり、男子児童に「目つきが悪い」と言うなど、暴言や不適切な言動を繰り返したということです。
市の体罰等審議会は、16人の児童に対する教諭の行為11件を体罰や暴言、不適切な行動と認定。
男性教諭は「たくさんの子供たちを傷つけて申し訳ない」と話しているということです。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!