熊本のニュース一覧

特集)いよいよ開幕戦 熊本ヴォルターズ

バスケットボールB2リーグが開幕し、熊本ヴォルターズは2日からアウェーで西宮と対戦します。
強力な外国籍選手を加えてB1昇格への挑戦が始まります。
昨シーズンは西地区6位と、Bリーグ参入後最低の勝率で、チームを立て直すため、日本のトップチームを長年率いてきたドナルド・ベックヘッドコーチを指揮官に迎えました。
【ドナルド・ベックHC】
「自分たちのバスケットボールがしっかりとできれば、開幕戦はいい試合になると思う」
ベックヘッドコーチが掲げるバスケットボールは『攻撃』と『守備』のバランス。
そのコンセプト合わせ、大型補強を行いました。
注目は、元NBAプレーヤーのジョーダン・ハミルトン。
3ポイントラインのさらに後ろからシュートを放つ『ディープスリー』が得意で『ミスターディープスリー』の異名を持ちます。
【ジョーダン・ハミルトン選手】
「ベックHCのバスケができれば、プレーオフ進出につながる」
さらに、昨シーズンB1で活躍したLJ・ピーク。
プレシーズンマッチでは1試合で30得点と、攻撃力の高さもさることながら、ディフェンス面でも体を張って、攻守でベックヘッドコーチの期待に応えます。
【LJ・ピーク選手】
「与えられた役割を全て実行するのが自分の強み」
外国籍ではもう一人、ゴール下で絶大な存在感を誇るベンジャミン・ローソン。
身長216センチというリーグ随一の高さは、攻撃でも守備でもチームの大きな武器になります。
【ベンジャミン・ローソン選手】
「『ビッグベン』『ベンジー』『モンスター』好きに呼んでほしい」
そして、3年ぶりに帰ってきた古野拓巳。
B1を経験し、さらに成長した司令塔が、強力な攻撃陣を操り悲願の昇格へとチームを導きます。
【古野拓巳主将】
「チャレンジャーとしてB1昇格のために、一戦一戦大事に戦っていくので、応援よろしくお願いします」
もちろん、昨シーズンの主力選手、木田貴明や本村亮輔、佐々木隆成などもチームには欠かせない存在。
強力な新戦力と融合し、チームは確実にパワーアップしています。
【佐々木隆成選手】
「すごく良いコンディションで進んできていると思う」
しかし、全員が合流して1カ月。
ベックヘッドコーチの理想には、まだ届いていないようです。
【ドナルド・ベックHC】
「オフェンスは満足。しかしディフェンスはまだまだ」
プレシーズンマッチでは、勝利こそしたものの失点が目立ちました。
30日も大半を守備練習に費やし、フォーメーションの調整やリバウンドの徹底などを細かく落とし込みました。
【木田貴明選手】
「ディフェンスをどう修正していくかが、勝敗を分けるカギになると思う」
シーズンが進む中で、連携を深めて守備を安定させることができれば、持ち前の攻撃力が生かされ勝利の確率はグッと上がるはずです。
開幕戦は、昨シーズンの西地区王者、優勝候補の一角と目されている西宮ストークスと激突します。
【古野拓巳主将】
「しっかり戦えるレベルには来ていると思うので開幕戦、しっかり戦って勝って帰って来たい」

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!