熊本のニュース一覧

まん延防止等重点措置が解除されて初めての週末(熊本)

まん延防止等重点措置が解除されて初めての週末、県内各地の様子です。
【福岡から訪れた 男性】
「すごいですね、自然って。(きょうは)赤牛食べてから帰ろうと思ってます」
晴天に恵まれた阿蘇中岳では火口見学や登山を楽しむ人の姿が。
【阿蘇市観光協会 会長 菊池 秀一さん
「なかなかこういう光景を目にすることが出来なかったのでなんか先行きがいいような兆しがあるのでワクワクしています」
また、9月18日にオープンした『草千里珈琲焙煎所』にも多くの人たちが訪れていました。
【女性2人 来店客】
「抹茶ラテです」「ミルクです」「美味しいです」

一方、こちらは上天草市。家族連れがイルカとのふれあいを楽しんでいました。
【来場者】
「遊びに行けるようになって良かったと思います」
【イルカトレーナー 木下 枝穂さん】
「解除になってから、若干お客さんの数は増えてきているので、感染対策をしっかりしていきたいと思っています」

熊本市中心部にも少しずつ人が戻り始めています。
熊本市中央区の銀座通りにある店では…。
【来店客】
「ビールってこんな美味しかったっけという感じですかね」
【来店客】
「密にならないお店選びは自分を守ることとしても大事なのかなと思って」
「まん延防止」措置が解除された後も県は熊本市内の飲食店への時短要請を継続。
県の認証店であるこちらの店は時短要請の対象外ですが、午後8時までの時短営業を行うことを決めました。
【ビアレストラン オーデン 村山二郎 店長】
「まだ完全に感染が収まったというわけでもないかと思いますので気が緩まないように段階的に営業時間も戻していって少しずつ平常になっていったらいいかなと思います」
バーではくろついだ時間を過ごす人たちも…。
【来店客】
「やっとの思いで来ました。
【バー ヴィレッジ 植前 智博 店長】
「やはり気にされながら飲まれていますよね。店に入った瞬間にどれだけ(お客さんが)入っているかとか(感染対策しているか)半信半疑で来られる方も多いですし、こちら側はただ一生懸命やるだけです」
それぞれが楽しく飲食できる日を心待ちにしていました。
携帯電話の位置情報を分析する『Agoop』によりますと、2日土曜日午後7時台の熊本市中央区、通町筋周辺の人出は前の週と比べて約1割増加しました。
土曜日の午後7時台の人出をグラフにしてみると、「まん延防止」措置が適用された8月8日以降、人出は大きく減少。
その後、人出は少し増えましたが、「まん延防止措置」解除後初の週末となった2日は、適用直前の8月7日とほぼ変わりませんでした。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!