熊本のニュース一覧

熊大研究員殺害事件 被告に懲役18年の判決

熊本大学研究員の女性が首を絞められ殺害された事件の裁判員裁判で判決で、熊本地裁は8日、被告の男に懲役18年を言い渡しました。
判決を受けたのは、住所不定 無職の熊谷 和洋(68)被告です。
判決によりますと熊谷被告は去年9月、自宅マンションの出入り口近くで、熊本大学の特定事業研究員の女性(当時35歳)の首を、ひものようなもので絞めて殺害。
その後、道路脇の溝に遺体を遺棄した罪です。
起訴内容に争いはなく、争点は犯行態様が悪質だったかどうか。
判決で平島 正道裁判長は「少なくとも3分以上被害者の首を締め続け、確実に殺害しようとしたもので強い殺意に基づく悪質な犯行」と指摘。
「原因は嘘をついてだまし続けた被告人にあり、犯行に同情できる点は全くない」と、求刑20年に対して懲役18年を言い渡しました。
言い渡しでは裁判長が話しを止め、熊谷被告に「聞いていますか?」と注意する場面もありました。
控訴について弁護側は「熊谷被告と話をする」としています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!