熊本のニュース一覧

逃走中のエミューの捜索続く 原因は?【熊本】

菊池市の観光牧場から7日、大型の鳥、エミューが脱走し8日も捜索活動が続けられましたが、5羽のうち2羽が捕獲されたものの、残り3羽が見つかっていません。
【島 征吾 記者リポート】
「捜索2日目です。残る5羽の行方を追っています。捜索範囲を広げて、水辺などを中心に回るということです」
7日、菊池市にある『菊池エミュー観光牧場』から、飼育されていたエミュー54羽のうち、20羽余りが逃走。
このうち残り5羽が見つかっていませんでした。
8日朝は、午前7時から菊池市や牧場の職員が捜索しました。
【捜索中の職員】
「モノは食べなくても、水を飲まないと死んでしまう」
事態が動いたのは昼過ぎ。
牧場から約1キロのエリアで、道路を歩いているエミューが続けて発見されました。
【島 征吾 影リポ】
「今、捕まえました。職員の方が今エミューを捕まえました」
職員にうしろから、抱きつかれるようにして捕獲されたエミュー。
2羽が捕獲され、残りは3羽となりました。
そもそもなぜエミューは、脱走してしまったのでしょうか。
【菊池エミュー観光牧場 飼育担当 長迫 吉治さん】
「ホコリが入って(入りが)浅かったようだ。これが開くと、柵がたわみむ。そこに大きな力がかかって、ピンが抜けて開いたというの私たちの見立て」
現在、エミューは繁殖期で、檻を行き来出来るようにしていて、柵が開いたため一斉に逃げ出してしまったということです。
これまでに、けが人や家屋の被害は確認されていませんが、菊池市は「発見した場合は近づかず食べ物も与えないでほしい」と呼びかけています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!