熊本のニュース一覧

熊本新型コロナ3カ月ぶり感染確認ゼロ 時短要請14日で解除見通し

新型コロナウイルス、熊本県内では8日、新たな感染者は確認されず約3カ月ぶりに確認『ゼロ』となりました。
県は、このまま感染状況の改善が続けば、熊本市内の飲食店への時短要請を期限の10月14日までで解除する見通しです。
【木村副知事】
「本日の感染状況は『ゼロ』で、7月9日以来、約3カ月ぶりとなりました。うれしいことではあるが、引き続き感染症対策に努めることを常に重視していただきたい」
県によりますと、6日まで1週間の新規感染者数は55人で、前週の114人から半分以上減少。
感染状況は減少傾向にあるとして、県内のリスクレベルを最も高い『レベル5厳戒警報』から『レベル4特別警報』に引き下げました。
引き下げは、7月27日以来73日ぶりです。
【木村副知事】
「14日(木曜日)で解除、このままの調子でいって解除できるといいなと思っている」
木村副知事は、感染状況の改善が続けば、コロナ「まん延防止」終了後も継続していた熊本市内飲食店への営業時短要請を、期限の10月14日をもって解除できるとの見通しを示しました。
また、副知事は国の『GoToイート』事業に参加する県内の飲食店について、県の認証制度取得を参加要件とするよう国に要請すると発表。
10月1日現在、この事業に参加している県内の飲食店は3100軒余りで、うち3分の2が県認証店です。
認証を取得していない飲食店に県は、10月末までに認証申請を行うよう呼びかけています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!