熊本のニュース一覧

人工知能AIが効率的に配車 相乗りタクシーの実証実験(熊本)

産学官が連携した相乗りタクシーの実証実験が11日から熊本市東区の一部で始まりました。
このタクシー、人工知能AIが配車を行い、より効率的な『相乗り』が可能になるということです。
熊本市東区の健軍商店街ピアクレスで11日開かれた人工知能AIを使った相乗りタクシーの出発式です。
これは新しい地域交通の実証実験で、『タクルー』と熊本学園大学、熊本市が産学官一体となって行う試みです。
【岡崎 宣彰リポート】
「こちらは健軍商店街です。この健軍地域でこのようにアプリを使った配車システムがきょうから始まりました」
利用したい人は、事前に熊本市の交通政策課に電話して識別番号とパスワードを取得。
専用のアプリに2つを登録すると利用でき、乗降場所と人数、乗りたい時間を自分のスマートフォンやタブレット端末に入力するとAIが配車を行い、運転手の端末に情報が送られます。
AIが効率よく『相乗り』の配車を行うことで、運賃が通常より割安になるだけでなく、ドライバーの人手不足の解消なども期待されています。
この実証実験は熊本市東区健軍周辺を対象エリアにして11月22日までの平日に行われます。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!