熊本のニュース一覧

旧熊本市民病院 来週にも住民説明会を開き工事再開の時期を検討(熊本)

周辺住民の理解が得られ工事再開となるのでしょうか。
旧熊本市民病院について「一部を解体しない」とする専門家の答申を受けた大西市長は「来週にも住民説明会を開き工事再開の時期を検討する」としました。
旧熊本市民病院の解体工事をめぐっては騒音や振動、また解体現場から湧き出した
地下水が課題となっています。
9月までに地盤や地下水の専門家による2回の会議が行われ、地下水については「工事中の浸水を止められない可能性がある」として地下の建物の一部を残したまま埋め戻すことに。
また、騒音や振動の対策として矢板を、一部を二重にして設置するとしました。
11日北園芳人会長から答申を受けた大西市長は。
【熊本市 大西一史市長】
「(工事)期間ができるだけ短くすむように、工事を仮に進めるにあたっても皆さんの負担ができるだけ軽減できるような方法を考えたい」
また、大西市長は跡地利用については「改めて方針を示し議会や住民に説明しながら進めたい」と述べました。
熊本市は、来週にも住民説明会を開いて市の方針を説明し住民の理解を得た上で
工事再開の時期を検討するとしています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!