熊本のニュース一覧

ガソリン価格の高騰 熊本での影響は?

熊本県内のレギュラーガソリンの小売価格は先週、1リットル当たり158円10銭で、2週連続で値上がりしています。
ガソリンスタンドや運送会社で話を聞きました。
資源エネルギー庁は6日、全国平均のレギュラーガソリンの小売価格を1リットル当たり160円と発表。
5週連続の値上がりで、160円台は2018年10月以来の約3年ぶりとなりました。
熊本県内のレギュラーガソリンの小売価格は先週、1リットル当たり158円10銭で2週連続で値上がりしています。
新型コロナが落ち着いてきたことで経済活動が再開し、世界的に需要が高まっていることが要因とみられています。
【洗車中のドライバー】
「やっぱり価格を見て驚きますね」
【給油中のドライバー】
「どんどん上がっているので、どれぐらいまで上がるのかなと心配していますね」
【熊本輸送団地給油所 野田 成美 事務局長】
(高騰でお客さんの変化は?)
「1000円分とか2000円分とか、そういうお客さまが増えているみたいです」
(今後の価格の見通しは?)
「しばらくは下がる要因は聞いてないですね」
「すべて価格に上り分を転嫁できていないので厳しい状況です」
上益城郡益城町に本社のある熊本交通運輸です。
トラックの燃料には軽油を使用。
その軽油も値上がりしています。
【熊本交通運輸グループ 住永 金司社長】
「(軽油の値段が)2、3カ月前までは70円台だったのが、とうとう10月は100円を超えました。月に2000万円からの燃料の高騰になります。これ以上(価格が)上がったら会社自体がもたないと思います」
(業界としての対策は?)
「安定した輸送を求めるためにはある程度は燃料の高騰分をサーチャージとしていただかないと安定した輸送供給はできないと思います」
石油情報センターによりますと、アメリカの石油施設がハリケーンの被害を受けたことも原油高騰に影響していて、13日発表の全国平均のガソリン価格は、さらに値上がりが予想されるということです。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!