熊本のニュース一覧

ワーケーションの推進に向けた連携協定【熊本】

働き方改革やSDGs、新型コロナなどで「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた『ワーケーション』が、注目されています。
熊本県は13日、ワーケーションの推進に向けた連携協定を環境省九州地方環境事務所、ワーケーションの推進に取り組む一般社団法人dialogue、そして観光地域づくりの舵取り役・くまもとDMCと結びました。
ワーケーションとは、観光地やリゾート地で仕事をしながら余暇を楽しむことで生産性や心の健康を高め、より良いワーク&ライフスタイルを実施するという新しい働き方の一つです。
締結式では、熊本の自然を生かしたワーケーションを通して観光産業の活性化や地方創生につなげていくことを確認しました。
【くまもとDMC 磯田 淳 代表取締役社長】
「新しい観光が求められている中、全国のモデルみたいなものが熊本から発信できれば大変うれしい」
国と地方自治体、ワーケーション推進組織、観光地域づくりの舵取り役が連携協定を結ぶのは全国で初めて。
今後は、受け入れ環境の整備やモデルプランを策定するなどしてワーケーションを通じた地震・豪雨・新型コロナからの創造的復興を目指すとしています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!