熊本のニュース一覧

窃盗グループ 空き家を狙った犯行被害総額1700万円(熊本)

熊本県警は、熊本市などで犯行を繰り返していた窃盗グループの捜査について10日までに53件立件し、捜査は終結したと発表しました。
窃盗グループは空き家を狙った大胆な手口で被害総額はおよそ1700万円に上るということです。
邸宅侵入や窃盗などの疑いで逮捕・送検されたのは菊陽町津久礼に住む無職、蠣原 照光容疑者ら窃盗グループ5人です。
警察によりますと、窃盗グループはおととし11月からことし7月ごろまでの間、
熊本市などの空き家に侵入し、貴金属や骨董品などを盗んだ疑いです。
警察は10日までに53件を立件し捜査の終結を発表しました。
主に空き家を狙って犯行を繰り返していて、窓ガラスや壁を壊して侵入し、数回に分けて運び出すなど大胆な犯行手口で金目の物を盗んでいたとみられています。
盗まれたのは464点で、総額はおよそ1700万円に上るということです。
警察は、今回の事件を受けて「空き家でも盗みの被害を受ける。持ち主は防犯対策をしたりこまめに訪れて管理をしてほしい」と注意を呼び掛けています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!