熊本のニュース一覧

環境保全考える『水の国 高校生フォーラム』 【熊本】

高校生が『熊本の水』への学習を通して環境保全について考える「水の国 高校生フォーラム」が13日、熊本市で開かれました。
フォーラムには県内15の高校からおよそ160人が出席。
主催者を代表して蒲島知事が「水の大切さを改めて実感し熊本の水を守り抜く具体的な行動に移すことを期待しています」と挨拶しました。
そして県内3つの高校の生徒たちが日頃の研究成果を発表しました。
【県立南稜高校の生徒】
「クヌギの持つ機能に着目しクヌギの植栽を行うことを決めました。本校演習林へ150を超えるクヌギの植栽を実施しました」
県立南稜高校の生徒たちは田んぼダムの有効性やクヌギの保水力に注目し災害に強い森林づくりなどについて報告していました。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!