熊本のニュース一覧

春の高校バレー熊本県代表決定戦 男子は鎮西、女子は信愛が県代表に【熊本】

春の高校バレー熊本県代表決定戦の男女の決勝が14日に行われ、男子は鎮西が女子は信愛女学院が勝って全国への切符を手にしました。

女子の決勝は2年ぶりの優勝を目指す信愛女学院と前身の大会以来54年ぶりの優勝を狙う熊本商業の対戦です。

セットカウント1対0、信愛リードで迎えた第2セット終盤、熊商はエース寺中にボールを集め、5連続ポイントで逆転に成功します。

しかし、信愛も3番の加甲にトスを集めると加甲が期待に応え、3連続ポイントでリードを奪い返しこのセットをものします。

第3セットもサウスポー原嶋の強打や浦本のサービスエースなどでリードを広げた信愛が取り、セットカウント3対0ストレートで勝って、2年ぶり33回目の全国大会出場を決めました。

一方、男子は夏のインターハイチャンピオン鎮西が熊工を寄せ付けず、セットカウント3対0。目標の2冠達成に向けて全国の切符を掴みました。

勝った鎮西、信愛の2チームは、2022年1月5日から東京で行われる全国大会に出場します。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!