熊本のニュース一覧

春高バレー 勝利を決めたエースの決定力【熊本】

まずは春の高校バレーです。
全国大会出場をかけた決勝戦が14日行われ、男女の優勝校が決まりました。
勝利を手繰り寄せたのはエースの決定力でした。
女子の決勝戦は、2年ぶりの優勝を目指す熊本信愛女学院と、前身大会以来、54年ぶりの優勝を狙う熊本商業の対戦です。
セットカウント1対0。
信愛リードで迎えた第2セット終盤、熊商はエースの寺中にトスを集めます。
堅い守備から寺中にボールを繋ぎ、5連続ポイントでリードを奪います。
すると信愛は、両エースの一角レフトの加甲。
信愛が3連続ポイントでリードを奪い返し、このセットをものにします。
第3セットは、この世代の日本代表にも名を連ねる原嶋の強打。
もう一人のエース浦本のサービスエースなど、信愛のアタッカー陣が躍動。
一気に流れをつかんだ信愛が取り、セットカウント3対0のストレートで勝って2年ぶり33回目の全国大会出場を決めました。
一方の男子は、夏のインターハイ王者鎮西と古豪 熊本工業が対戦。
第1セット序盤、熊工はエース柴田のスパイクなどが次々と決まりリードを奪います。
しかし、インターハイ優秀選手・鎮西の絶対的エース舛本の強打がさく裂します。
鎮西が逆転でこのセットを奪うと、第2セットからは鎮西の強さが目立つ展開に。
鎮西が夏の全国王者の底力を見せつけセットカウント3対0。
夏、春2冠に向けて全国の切符をつかみ取りました。
勝った
鎮西、信愛の2チームは、来年1月5日から東京体育館で行われる全国大会に出場します。
敗れたチームの思いも背負って、ぜひ頑張ってください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!