熊本のニュース一覧

熊本市職員が飲酒運転で事故 飲んで運転繰り返す

熊本市は、環境局に勤める60代の男の職員が飲酒運転で事故を起こしたとを明らかにしました。
職員はコンビニで買った缶ハイボールを飲んでは運転する行為を1日に3回繰り返し、挙げ句の果てに物損事故を起こしていました。
【環境推進部 本田 昌浩部長】
「誠に申し訳ございませんでした」
飲酒運転を行ったのは、熊本市環境局に勤める60代の男の再任用職員です。
熊本市によりますと、職員は13日午前8時半ごろ、車でコンビニに行き缶ハイボールを購入し、駐車場の車の内で飲酒。
その後、車を運転し自宅や病院を移動する間にさらに2度、コンビニに寄り缶ハイボールを買い飲酒運転を繰り返し、コンビニの駐車場で止めてあった車にぶつかる物損事故を起こしたということです。
職員は警察を呼び、呼気から基準値の3倍を超えるアルコールが検知されたため、警察による任意の捜査が行われています。
市の聞き取りに対して職員は「再任用されて心の緩みが出た。今年度で30回ぐらい同じようなことをした」と話しているということです。
熊本市は事実を確認後、厳正に対処するとしています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!