熊本のニュース一覧

『TSMC』新工場建設計画で熊本県が新たな組織立ち上げ(熊本)

蒲島知事は台湾の半導体製造大手『TSMC』が発表した熊本県内への新工場建設計画をめぐり18日、県庁内に新たな組織を立ち上げました。
一方、新型コロナ対策について政府が行動制限を緩和する方針を示していることを受け11月28日に専門家会議を開き県としての対策を発表するとしました。
【蒲島知事】
「県としては国家的プロジェクトでもある、この新工場建設を円滑に進めその波及効果を高めていくため部局横断的な組織を立ち上げます」
TSMCなどによりますと、工場は菊陽町に来年建設を始め、2024年中の製造開始を目指していて、およそ8000億円の投資と1500人の雇用が見込まれています。
熊本県は18日知事をトップとする『半導体産業集積強化推進本部』を設置、蒲島知事は「人材の育成・確保や渋滞対策などの課題を解決するとともに熊本の可能性を広げる取り組みを、スピード感を持って進めていく」と述べました。
一方、政府は16日、新型コロナ対策分科会に「ワクチン・検査パッケージ」を活用し行動制限を緩和する案を提示し、了承されました。
これにより、感染対策の認証を受けた飲食店には「まん延防止等重点措置」が適用されても酒類提供を可能とし、営業時間の短縮も要請しない見通しです。
蒲島知事は「認証制度は有効な手段」と述べた上で国の方針を踏まえ11月28日に、専門家会議を開き県としての対策を発表するとしました。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!