熊本のニュース一覧

立憲民主党の代表選挙が告示4人による選挙戦スタート 熊本県連の鎌田代表は

枝野前代表の後任を選ぶ立憲民主党の代表選挙が19日告示され、11月30日の投開票に向け4人による選挙戦がスタートしました。
先の衆院選で県内での議席を失った立憲民主党熊本県連の鎌田聡代表に話を聞きました。
【逢坂誠二元総理補佐官(62)】
「何が何でもこの戦いを勝ち抜いて私が立憲民主党、この党の先頭に立って頑張っていきたい」
【小川淳也元総務政務官(50)】
「なんとか日本の政治に一つの希望の光を灯すようなその役割をしっかり果たしていく」
【泉 健太政調会長(47)】
「国民に愛される信頼される、多くの支持を得られる立憲民主党を作りたい」
【西村智奈美元厚労副大臣(54)】
「立候補できたということに私の万感の思いを込めて感謝を申し上げたい。本当にありがとうございました」
19日告示された立憲民主党の代表選挙には逢坂誠二氏、小川淳也氏、泉健太氏、西村智奈美氏の4人が立候補、4人は午後1時から記者会見に臨みました。
熊本市中央区にある立憲民主党熊本県連の事務所では鎌田聡代表ら幹部がテレビ中継されたその様子を見守りました。
【立憲民主党県連・鎌田聡代表】
「立憲民主党が衆議院選挙で大変厳しい審判をいただきましたので国民の信頼を取り戻してしっかりと再生していくそんな党づくりができるリーダーを選んでいきたい」
共産党などとの野党共闘の是非が問われる今回の代表選挙。
鎌田代表は県連として来年の参議院選挙でも野党共闘による候補者の一本化を進める考えを示したうえで、「新たなリーダーにはこうした地域の意向を尊重してほしい」と話しました。
代表選挙は11月30日に投開票が行われます。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!