熊本のニュース一覧

くま川鉄道が部分運行再開を前に試運転【熊本】

球磨地域の生活の足、復活に向けて着々と準備が進んでいます。
去年7月の豪雨で被災し全線で運休していたくま川鉄道で部分運行に向けた試運転が19日朝から始まりました。
【西村勇気アナウンサー】
「午前9時10分、まだ空気の冷たいあさぎり駅です。くま川鉄道の列車が去年7月の豪雨災害以降初めて線路に乗り入れます」
19日はあさぎり駅を出発、比較的被害が小さく復旧工事が終了した肥後西村駅と湯前駅間を試運転しました。
くま川鉄道の車両が実際に線路を走るのは約1年4カ月ぶりということもあり、スピードは時速25キロ以内です。
3両編成の列車は朝の霧をかき分けながら久々の田園風景をゆっくりと進んでいきました。
先々では踏切の遮断機が常に動くか、レールに異常がないかなどを確認します。
【沿線の住民】
「1年4カ月ぶりだな」
「(列車が)通らないと寂しいもんな」
「この辺の人は寂しかでしょうね」
19日は約19キロの区間で3往復の試運転。
大きなトラブルもなく無事に湯前駅にたどり着きました。
【湯前駅のカフェの店員】
「遠くから汽笛が聞こえて列車の走ってくる音も聞こえたので、ワクワクしながら到着するのを待ってました」
【くま川鉄道・隈部恭平運転士】
「沿線の方々が手を振ってくれて温かい気持ちになりました。『地元のために尽力していきたい』と実感したところです」
くま川鉄道は11月27日まで試運転や運転訓練を繰り返し行って安全を確認。
11月28日から肥後西村駅と湯前駅の間で運行を再開する予定です。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!