熊本のニュース一覧

停泊中のクルーザーから男性2人が死亡 死因は急性一酸化炭素中毒

12月24日、上天草市で停泊中のクルーザーから男性2人の遺体が見つかりました。警察は死因について急性一酸化炭素中毒と28日発表しました。
これは12月24日、上天草市に停泊していたクルーザーから福岡県に住む陸上自衛官、高口 勝政さんと二宮 武志さんが遺体で見つかったものです。
警察によりますと船内からは高濃度の一酸化炭素が検出されていて司法解剖の結果
2人は中毒死したとみられるということです。
これまでの調査で遺体が見つかった船室からは一酸化炭素の発生源となるようなものは見つかっていません。
警察は事故の可能性が高いとみて一酸化炭素が発生した原因について調べています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!