熊本のニュース一覧

高校生がスマート農業を学ぶ体験学習会【熊本】

高校生がスマート農業を体験する特別授業が、先日八代市でありました。
これは県立八代農業高校が、生徒たちにロボット技術やICTなどを活用する最先端のスマート農業に触れてもらい将来に役立ててもらおうと開いたものです。
学校の田んぼで開かれた特別授業には、園芸科2年生の生徒など約40人が参加。
生徒たちは、農機具メーカーの担当者の説明を受けながら最先端の農業機器に触れ、スマート農業について学びました。
このうち「自動操舵トラクター」は、衛星測位システムで得た位置情報の誤差を専用の通信システムにより数センチ単位に補正。
ハンドルを触らずにタブレットを操作するだけで正確に耕すことができます。
また、空気式のアシストスーツは中腰で作業する農家に人気ということで、スーツをつけた生徒たちは数十キロの重りを抱えるなどして体感していました。
【生徒】
「持てるかなと思ったんですけど、意外と簡単に持ち上げられたのですごいなと思った。これから農業をする人にも使いやすいんじゃないかな。近未来だなと思った」
県内でも農家の高齢化が進み、作業の省力化などに期待されるスマート農業。
農業を志す高校生が挑戦することで
新たな可能性が広がりそうです。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!